用具選びのポイント

重心が手元にあり、前陣でフォアとバックを素早く切り替えがしやすい、丸みのある形状の日本式ペン(速攻向き)や中国式ペンに表ラバーを組み合わせ、スマッシュを武器として戦う選手におすすめの組み合わせを紹介します。(渋谷浩)

日本式ペンの組み合わせ

前陣でフォアとバックの切り替えがしやすいブレード形状である角丸型の『ハッドロウJPV - R』と、スピードとスピンのバランスを追求した『インパーシャルXB』を組み合わせると、攻守のバランスを重視した扱いやすい用具となります。スマッシュとブロックをうまく織り交ぜ、速攻プレーのレベルアップを目指しましょう。

中国式ペンの組み合わせ/バランス重視

ボールをつかむ感覚のある『インナーフォース レイヤー ALC.S - CS』に、スマッシュのみならずドライブや鋭いツッツキなど多彩なプレーの可能性を広げる『インパーシャルXS』をチョイスして、バランスの良い組み合わせにしました。裏面にラバーを貼って両ハンドで攻める選手には、『ブライス スピードFX』をおすすめします。裏面打法はフォアハンドに比べて小さなスイングとなるので、ラバーの自重が比較的軽く、軟らかくて扱いやすいラバーが適しています。

中国式ペンの組み合わせ/変化重視

操作性の良い『SKカーボン - CS』と、ナックル性ボールを出しやすい『インパーシャルXB』の組み合わせは、相手が取りにくいボールで勝負したい選手におすすめです。裏面には『ロゼナ』を貼って、裏面ドライブにも積極的にトライしましょう。

初級者向け ラケット&ラバーおすすめ組み合わせ

卓球選手としての基礎を築くために最も重要なのは、しっかりと体を使って自分の力で打つためのフォームを身につけることと、自分で回転をかけるための感覚を身につけることです。そのために選ぶべき、初級者向けの用具を紹介します。(岩崎清信)

中級者向け ラケット&ラバーおすすめ組み合わせ

基本技術を一通り習得したら、自分が目指す戦型や伸ばしたい技術、克服したい弱点などに応じて用具の選択をしましょう。体格、筋力に合わせてラケットの重量やラバー厚みを調整することもポイントです。(渋谷浩)

PAGE TOP