水谷隼に聞く 1 卓球を始めたのは?

水谷隼選手の自宅には卓球台があったという。「卓球台があるといっても、狭くて、後ろはすぐに壁でしたけどね」と水谷選手。そして、父である水谷信雄さんは、静岡県の豊田町卓球スポーツ少年団という強豪スポーツ少年団の代表を務めている。水谷少年が5歳でラケットを握ったのは、ごく自然なことだった。

取材=猪瀬健治 文=川合綾子
B!

Recommend

おすすめ記事

■インタビューの新着記事

■インタビューのカテゴリ一覧