水谷隼に聞く 2 両親の指導

5歳で卓球を始めた水谷隼選手は、意外にも、幼い頃は卓球が好きではなかったという。水谷選手は幼い頃を振り返って、「小さい時は卓球をしていても苦しいことの方が多かった。親に怒られないために必死でやっていました」と述べた。
 
取材=猪瀬健治 文=川合綾子
B!

Recommend

おすすめ記事

■インタビューの新着記事

■インタビューのカテゴリ一覧