水谷隼に聞く 7 自分のレシーブ

自身のサービスについて「常に変化している」と述べる水谷隼選手は、レシーブにおいても、変わり続けている。かつての水谷選手のレシーブはストップが中心だった。だが、ライバルたちが水谷対策を重ね、ストップしにくい横回転系サービスを多用してくるようになると、水谷選手はそれまであまり使わなかったチキータの強化に着手。チキータ強化したことで、相手はチキータを警戒してサービスを出すようになり、もともと柱としていたストップも効果的に決まるようになった。リオデジャネイロ五輪でメダルを獲得した背景には、こうしたレシーブの変化があった。

取材=猪瀬健治 文=川合綾子
B!

Recommend

おすすめ記事

■インタビューの新着記事

■インタビューのカテゴリ一覧