「卓球は血と魂だ」 特別記録 名手今孝 田舛彦介より今孝選手への手紙

田舛彦介より今孝選手への手紙
 今孝選手は私にとって師であり、また球界に輝く巨星であった。私は、卓球技術はもとより人格的にも今選手に私淑し、中国地方の一隅から、東京へ約百通、あるいはそれ以上も手紙を出しただろうか。此度、山本彌一郎氏より寄贈を受けた今選手の遺品の中から数通の私の手紙が出て来た。いささか面映ゆい気もするが、敢えて掲載し、往時を偲ぶよすがとしたい。

謹復
 御多忙中何時も御迷惑ばかり相かけ申し失礼の段何卒寛恕の程お願ひ申上ます。早速御叮重な御便り今朝拝見致しまして唯々恐縮して居ります。
 想へば私儀過去一ヶ年半に亘り色々と御質問や何かで下らぬ駄文や愚問を発し、非常な御迷惑をおかけした事、如何に卓球道普及の事とは云ひ乍らこれ程まで嫌な御顔一つなさらず、御指導下さいました今さんに私は返す御礼の言葉を知りません。
 名実共に世界第一の卓球大選手である今さんから戴いた御言葉の数々は不肖田舛、一生身に沁みて忘れ得ないでありませう。
 非才の致すところ私自身、折角の御好意に報ひる事は出来ませんでしたがやがて私の遺志は、我が後輩諸君に於てその血をくむことになりませう。
 私は我が愛する卓球を通じて早大の皆様とも仲好しにして頂いた事を嬉しく思います。愚劣極まる私の質問其他を皆様に迄開陳された事は恥かしく思ひますが…。
 今式卓球の強さは今さん須山さんに依って世界に立証されましたが、やがて「今式卓球道」のよさがその真髄を発揮して全国を風靡する日の一日も近からん事を私は心からお祈りするものであります。
先は右御礼迄                               謹言
田舛彦介再拝


 今 孝 様
追伸
 今さんより戴きましたお便りは、抜抄というよりは、その殆んどを掲載したいと存じます。今私が書いてゐます事柄は誠に幼稚そのものであり、実の処、柳井の新人に与へて多少の参考になる程度のものと信じられますがその小刊の中に今さんからの御教訓を掲載する時は又自らその趣を異にして参ります。私の研究せんとしてゐるのは今式卓球でありますが、その研究は未だその半ばにも達しません。故に私の書いたものは何ら纒った用を成さないものでありますが今さんは今式卓球を完全にマスターされた唯一の大選手であります。その今さんの腹蔵のない御意見というものは私に宛てられたお便り以外から得られないものがあると思います。今さんの御便りを発表すれば個人の為にはならないかも知れませんがこれを読んだ悉くの人が進歩し、研究する事によって正しい向上の道を見出すことでありませう。
 私は私の書かんとする少刊の中に今さんのお便りを発表出来る光栄を衷心より喜びたいのであります。
 日本卓球界の健全なる発達は今式卓球道なくして絶対にかち得られないものである事を確信し、私は絶叫致します。
 今さんのお書きになる後進指導者、全日本卓球界待望のものです。御成功を信じて疑ひません。

 只今お便り有難く拝読致しました。
 神宮大会の事で今さんも小生同様、スポーツの界為、体育卓球道の為非常なる義憤を感じてゐられる御様子尤もな事です。
 私の考へではお役人根性を此際徹底的に叩き直す事が我々特に卓球人に与へられた国家的責務であると思います。それには吾々如き田舎者では到底その実を挙げないので(吾々は地方で地方の役人を実行を以って説伏する)東京は本部に委すべきですが、この本部たるやの問題ですがとにかく本部らしくも少ししっかりしなければならぬと思ひます。
 私は厚生省体力局長に二度、本部に三度文書を叩き付けましたが、大体本部が駄目だからこんな事にもなったのです。私が本部の会長だったら潔く割腹して全国卓球人にお詫び申したでありませう。と同じ事を沼さんへも手紙を書きました。もう神宮大会に代るべき大会ならやらなくてもよい。既に卓球はスポーツ界から除外された許すべからざる空前の悔蔑を蒙った。卓球人の面目がどこにあるのだと泣きたくもなるのです。
 昨日沼さんから「ゼンゴサクモウコウジタヌマ」といふ電報を受取りましたがその善後策は除外されたから-の域を出ないものだと思ひます。沼様の御活躍はよいとしても我々は日本卓球協会の存在を疑はざるを得ない事茲に至って善後策も何もないと考へます。
 第一本部のやり方は余りに消極過ぎる-といふのは過般採用した戸外卓球の奨励等もその一つでありますが卓球を戸外でやったらそれこそ神宮大会は元より除外されて差支えないものとなります。
 本部がそれを発表したその日から私は柳井で例の卓球体育錬成会を催しました。柳井卓球協会は本部より積極的であり、真に卓球道の為活躍したものと信じます。私はその錬成会の席上で本部の採った方針を痛烈に非難しました。卓球の体育価値は室内でやるからこそ意義があるのであって卓球の唯一の欠点である室内といふ点に関しては準備運動で補って行くべし。準備運動は卓球練習の前後のみに止まらず何時でも機会ある毎に暇ある毎に戸外で実施せよ。学校へ行く、歩く、それ自体が卓球の準備運動だと云ふ信念を持て!山へ登る、行軍する、ハイキング、跳ぶ、走る、皆、それは卓球の準備運動だ、卓球人よ、諸君は、卓球人であるといふ誇りを持て、そして正しい体育としての卓球人となれ、日本一の卓球人に!と絶叫しました。私のやった事に自分は信念を持ってゐます。やり終って「アアヨカッタ」と嘆息をついた時は、自分で自分の姿が初めて美しいものに見えました。
たとへ受講者は六十人でもよい。一人でもやるんだ。否居らなくてもやる!といふ鉄の意志でありました。-ついハメをはづしてとんだ失礼を書きました。若気の至りですから御寛恕下さいませ。とにかく私は兵隊になる迄に卓球道の為に戦死する覚悟で最後迄戦ひ抜きます。形ばかりの飛入り的余興的国防スポーツマンにこの気魄を見せてやりたいですネ。来る二五日頃「私の卓球道」が出来上がります。今その最後の仕上げにかかってゐるのです。変なものが出来ますがこれは色々な都合で致し方ないと思ひます。
 御健勝をお祈り致します。                      謹言
    二十日                            田舛拝
今 様

B!