夏に伸びる(第6回/全9回)

夏になると、学生の皆さんには、「夏休み」という重点的に練習できる絶好のチャンスがあります。夏をどのように過ごすかで、その後の卓球は変わってくるはず。これから迎える夏を有意義に過ごすためには、どんなことに留意すればよいのかを、卓球レポート1995年8月号「特集 夏に伸びる(文=渋谷五郎)」より抜粋して紹介しましょう。第5回からは、春から卓球を始めた選手を念頭に、練習方法に触れます。夏は「大きく伸びるための基礎固め」として練習に取り組みましょう。 

切り替え練習
 フォアハンドとバックハンドの切り替えを、スムーズに行えるようになることが大切だ。これも段階的に練習方法を考えていく必要があるが、難易度の低い方法から高い方法(だいたい打球スピードとボールを出すピッチが主体となる)へ移っていくことは同じだ。
 攻撃選手であれば、図3のように1本ずつの規則的な動きから、相手にランダムにボールを送ってもらい不規則な動きに移る。
 足は左足やや前になり、右足爪先は外向きに開くのは基本通りだ。
 腰、上体の捻りを意識して練習する。また、ラケットを持つ肘は、体から大きく離すようなことはしない。

 カット選手であれば、図4、図5のように、相手のフォア側からとバック側から、規則的な送球から不規則に送ってもらうようにする。
 また図6のようにミドル部分の切り替え練習を行う。ミドルのカットは、フォアカットで行うかバックカットで処理するか、(正確な)選択の決断を早くする。

B!