21回目の出場となるベテランが登場

三田村宗明が男子シングルス1回戦を突破

21回目の出場、36歳の三田村だが、その動きは健在だ


 平成29年度全日本選手権大会大会3日目は男女シングルスがスタート。男子シングルス1回戦には今回21回目の出場となる三田村宗明(リトルキングス)が登場。36歳となる三田村だが、しっかりと足を動かしてフォアハンドドライブを打ち切るスタイルで渡辺健吾(福卓会)に3対1で勝利を収めた。

 強豪が揃う神奈川県予選を勝ち抜いてシングルス出場を果たした三田村。2回戦では32歳、時吉佑一(ZEOS)との対戦となる。年齢を重ねても熱い思いで卓球に挑む選手たちの戦いにこのあとも注目だ。

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

B!

Recommend

おすすめ記事

■その他の新着記事

■その他のカテゴリ一覧