稀に見る大混戦。ミックスチャンピオンの行方

森薗/伊藤は前回王者を破るなど、強さが際立つ

大島/早田は準決勝で森薗/伊藤と対戦

軽部/松本は世界王者ペアにどんな戦いを見せるか

吉村/石川は3年ぶりの混合ダブルス制覇を目指す


 平成29年度全日本選手権大会は大会4日目を迎える。混合ダブルスは10時35分から準決勝が行われる予定だ。

 ベスト4に残ったのは台の近くで相手ペアを押し込むプレーが光る森薗/伊藤(明治大/スターツSC)、台から離れても強打で得点するなど、ラリー戦に強い大島/早田(木下グループ/日本生命)、繊細なプレーで巧みにラリーを展開する軽部/松本(シチズン時計/サンリツ)、混合ダブルスの経験が長く、連係の良い吉村/石川(名古屋ダイハツ/全農)の4ペアだ。

 今年の混合ダブルスは2連覇中の田添/前田(専修大/日本生命)がベスト16で姿を消すなど、例年以上にレベルが高く勝ち上がるのは容易ではなかった。その中で4強へと駒を進めた4組による戦いは見応えのあるものとなるだろう。東京五輪では混合ダブルスが正式種目として採用され、多くのメディアでも注目を集める種目の1つとなっている。そうした中で今大会のミックスチャンピオンの座をつかむのはどのペアか。その行方に注目してほしい。

<混合ダブルス準決勝>
森薗/伊藤(明治大/スターツSC) - 大島/早田(木下グループ/日本生命)
軽部/松本(シチズン時計/サンリツ) - 吉村/石川(名古屋ダイハツ/全農)

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://www.japantabletennis.com/zennihon2018

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

B!