1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. その他(トピックス)
  4. ITTFが世界卓球2013パリのエントリーを発表

ITTFが世界卓球2013パリのエントリーを発表

4月16日、ITTF(国際卓球連盟)世界卓球2013パリのエントリーを発表した。日本のエントリーは以下の通り。

【男子シングルス】
水谷隼(beacon.LAB)
丹羽孝希(明治大)
岸川聖也(スヴェンソン)
高木和卓(東京アート)
張一博(東京アート)
松平健太(早稲田大)

【女子シングルス】
石川佳純(全農)
福原愛(ANA)
平野早矢香(ミキハウス)
森薗美咲(日立化成)
藤井寛子(日本生命)
松平志穂(四天王寺高校)
松澤茉里奈(淑徳大)

【男子ダブルス】
水谷隼・岸川聖也
丹羽孝希・松平健太
張一博・松平賢二(東京アート・協和発酵キリン)

【女子ダブルス】
福原愛・平野早矢香
石川佳純・森薗美咲(全農・日立化成)
藤井寛子・若宮三紗子(日本生命)

【混合ダブルス】
岸川聖也・福原愛
松平賢二・若宮三紗子
吉村真晴・石川佳純(愛知工業大・全農)

注目の中国男子は国内の選考会・直通パリを勝ち抜いた許昕、張継科、馬龍、閻安、王皓に加えて、未だ世界卓球のタイトルを獲得していない馬琳と世界ジュニア王者の樊振東がエントリーされた。韓国は一時代を築いた柳承敏、呉尚垠、朱世爀が退き、金珉鉐、鄭榮植、徐賢徳ら若手がエントリーされている。ヨーロッパ勢ではJ.セイブ(ベルギー)、クレアンガ(ギリシャ)、プリモラッツ(クロアチア)らベテランが健在。2003年のパリ大会で世界を制したシュラガー(オーストリア)の姿も見られる。
メイス(デンマーク)、ズュース(ドイツ)は故障のため欠場。

中国女子は選考会を勝ち抜いた李暁霞、劉詩雯、武楊、胡麗梅、丁寧、朱雨玲に加えて陳夢がエントリーされた。韓国は男子同様、金璟娥、朴美英、唐イェ序らが退き、梁夏銀、石賀浄、徐孝元らがシングルスに出場する。シンガポールは馮天薇、ユ・メンユ、リ・シーユンと少数精鋭で臨む。香港は帖雅娜が欠場、姜華珺のほかはリ・ホチン、ヌグ・ウィンナム、ドゥ・ホイケンら若手にシフトしている。

なお、今後の追加エントリーは認められないが、選手の変更とキャンセルのみ可能となる。


 

詳細は国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com

 出場選手掲載ページ:http://www.ittf.com/ittf_tournaments/ittf_entries_wttc_web.asp?Gender=M&Tour_ID=2190&
 

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

Page Top