1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. ワールドツアー・グランドファイナル 〜許昕と劉詩雯が優勝〜

ワールドツアー・グランドファイナル 〜許昕と劉詩雯が優勝〜

ITTFワールドツアー・グランドファイナルが1月9〜12日にドバイ(アラブ首長国連邦)で行われた。今大会では男女シングルス、男女ダブルス、男女21歳以下シングルスの計6種目が行われた。
 
男子シングルスは許昕(中国)が決勝で馬龍(中国)とのゲームオールの接戦を制し、優勝を飾った。許昕は昨年に続いてのグランドファイナル制覇となった。日本からは丹羽孝希(明治大)、塩野真人、張一博、高木和卓(いずれも東京アート)が出場し、塩野がベスト8に入賞した。塩野は2回戦でガオ・ニン(シンガポール)に0対3から大逆転勝利を収め、ベスト8に進出。
丹羽は王皓、張は馬龍、高木和は張継科といずれも中国勢と対戦し、1ゲームを奪ったものの敗れた。
 
女子シングルスは劉詩雯(中国)が決勝で丁寧(中国)との同士討ちを制した。3年連続で同じ組み合わせとなったが、劉詩雯は丁寧にリードを許すことなく優勝。グランドファイナル3連覇を達成した。なお日本選手は出場しなかった。
 
男子ダブルスは第1シードのガオ・ニン/李虎(シンガポール)が優勝。決勝は初戦で陳建安/荘智淵(中華台北)に勝利して勢いに乗った江宏傑/黄聖盛(中華台北)をゲームオールの末破った。2人は昨年に続いて2連覇を達成した。
 
女子ダブルスは丁寧/李暁霞の中国ペアが優勝。決勝では鄭怡静/黄怡樺(中華台北)に4対0で完勝。決勝までの3試合で落としたゲームはわずか1ゲームと圧倒的な強さを見せた。
 
男子21歳以下シングルスはゴズィー(フランス)が優勝。決勝では予選で敗れたフランジスカ(ドイツ)に雪辱を果たし、初優勝を飾った。
日本からは森薗政崇(青森山田高校)が出場。この大会の第1シードである森薗は予選を全勝で通過し、準決勝に進出した。しかし、準決勝ではフランジスカにストレートで敗れ、3位となった。
 
女子21歳以下シングルスはリン・エ(シンガポール)が優勝。決勝は4対2でヌグ・ウィンナム(中華台北)に勝利を収めた。日本からは浜本由惟(JOCエリートアカデミー)、松平志穂(四天王寺高)が出場した。浜本は予選を2勝1敗で通過し、準決勝に進出。準決勝では優勝したリン・エと対戦し、2ゲームを奪ったものの2対4で敗れた。松平は予選敗退となった。


今大会の記録は、国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp

 

 

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事