1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. ITTFワールドツアー・カタールオープン 〜許昕、胡麗梅が優勝〜

ITTFワールドツアー・カタールオープン 〜許昕、胡麗梅が優勝〜

2月19〜23日にドーハ(カタール)でITTFワールドツアー・カタールオープンが開催された。男子シングルスでは許昕、女子シングルスでは胡麗梅の中国勢がそれぞれ優勝を飾った。

 

男子シングルスでは許昕が3度目のワールドツアー優勝を果たした。決勝では荘智淵(台湾)に4対1で勝利。荘智淵は陳建安(台湾)との同士討ちを制して決勝に進んだが、優勝にはあと1歩及ばず2位となった。

日本勢は水谷隼(DIOジャパン)、岸川聖也(ファースト)の3回戦進出が最高成績となった。岸川は荘智淵、水谷は朱世爀(韓国)にそれぞれ2対4で敗れた。

 

女子シングルスでは、胡麗梅が優勝。決勝ではリュウ・ジャ(オーストリア)に第1ゲームを先行しながらも逆転される苦しい展開ではあったが、4対2で勝利し、ワールドツアー女子シングルス初優勝を果たした。日本勢では第2シードの石川佳純(全農)が1回戦でペンカボバ(チェコ)に敗れる波乱。平野早矢香(ミキハウス)の3回戦進出が最高成績となった。

 

男子ダブルスでは趙彦来/徐賢徳(韓国)が優勝を飾った。準決勝でK.カールソン/閻安(スウェーデン・中国)ペアとのゲームオールの激戦を制すと、決勝はその勢いのままフロール/ルベッソン(フランス)に3対0でストレート勝ち。

 

女子ダブルスではリ・ホチン/ヌグ・ウィンナム(香港)ペアが劉高陽/劉曦の中国ペアに勝利して優勝。なお、日本勢では平野美宇/伊藤美誠(JOCエリートアカデミー/スターツSC)がベスト8に入賞した。

 

21歳以下男子シングルスではフロール(フランス)が優勝。決勝ではインドのデサイーに対して力強いドライブ攻撃で勝利を収めた。

 

21歳以下女子シングルスではP.ゾルヤ(ドイツ)がリン・イエ(シンガポール)を破り優勝。なお、日本勢では浜本由惟、加藤美優(ともにJOCエリートアカデミー)、平野がベスト8に入賞した。

 

■男子シングルス

優勝 許昕(中国)

 

■女子シングルス

優勝 胡麗梅(中国)

 

■男子ダブルス

優勝 趙彦来/徐賢徳(韓国)

 

■女子ダブルス

優勝 リ・ホチン/ヌグ・ウィンナム(香港)

※ベスト8 平野美宇・伊藤美誠(JOCエリートアカデミー/スターツSC)

 

■21歳以下男子シングルス

優勝 フロール(フランス)

 

■21歳以下女子シングルス

優勝 P.ゾルヤ(ドイツ)

※ベスト8 平野美宇(JOCエリートアカデミー)、加藤美優(JOCエリートアカデミー)、浜本由惟(JOCエリートアカデミー)



今大会の記録は、国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp

 

 

 

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

Page Top