1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. ITTFワールドツアー・フィリピンオープン 〜早田、根本らが上位入賞〜

ITTFワールドツアー・フィリピンオープン 〜早田、根本らが上位入賞〜

5月16〜18日、スービック湾(フィリピン)でITTFワールドツアー・フィリピンオープンが開催され、女子シングルスで早田ひな(石田卓球クラブ)根本理世(十六銀行)が3位に入賞した。また、21歳以下男子シングルスで三部航平(青森山田高)、酒井明日翔(JOCエリートアカデミー/帝京)が3位に入賞、21歳以下女子シングルスで加藤美優(JOCエリートアカデミー)、佐藤瞳(札幌大谷高)が3位に入賞した。


早田は、予選リーグを2位で通過すると、決勝トーナメント2回戦では浜本由惟(JOCエリートアカデミー)に勝利。準々決勝では世界卓球2014東京大会でも活躍したユ・メンユ(シンガポール)から金星を挙げ、3位入賞を果たした。


根本は、予選リーグを2位で通過すると、決勝トーナメントでは玉石美幸(エクセディ)、森薗美咲(日立化成)、前田美優(希望が丘高)と日本人選手との同士打ちを制し、3位に入賞した。

 


21歳以下男子シングルスでは三部と酒井がそれぞれシード選手としての力を発揮し、準決勝に進出。準決勝では三部がチェン・フェン(シンガポール)、酒井がウー・ジカン(シンガポール)に敗れ、3位入賞となった。


21歳以下女子シングルスでは加藤と佐藤が3位に入賞。入賞をかけた準々決勝では加藤が宋恵佳(中国電力)、佐藤が浜本に勝利し、ベスト4に勝ち残った。


■男子シングルス

優勝:ホ・カンジ(香港)


■女子シングルス

優勝:馮天薇(シンガポール)

※3位 早田ひな(石田卓球クラブ)、根本理世(十六銀行)


■21歳以下男子シングルス

優勝:チェン・フェン(シンガポール)

※3位 三部航平(青森山田高)、酒井明日翔(JOCエリートアカデミー/帝京)


■21歳以下女子シングルス

優勝:リン・エ(シンガポール)

※3位 加藤美優(JOCエリートアカデミー)、佐藤瞳(札幌大谷高)


今大会の記録は、国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp

 

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事