1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. 女子ワールドカップ2018 丁寧が優勝

女子ワールドカップ2018 丁寧が優勝

女子ワールドカップが9月28〜30日に中国の成都で開催された。優勝は丁寧(中国)。2011年、2014年と合わせて3度目のワールドカップ制覇となった。日本からは石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)が出場し、石川は丁寧(中国)、鄭怡静(中華台北)に敗れて4位、平野は石川との同士打ちに敗れてベスト8となった。 写真提供=国際卓球連盟(ITTF)

 

20181001-women-worldcup.jpg優勝は丁寧(中国)

 
 
■予選リーグ
▼グループ1
1位 キム・ソンイ(北朝鮮)2勝0敗
2位 エックホルム(スウェーデン)1勝1敗
3位 リ・ジエ(オランダ)0勝2敗
▼グループ2
1位 サマラ(ルーマニア)2勝0敗
2位 陳思羽(中華台北)1勝1敗
3位 メシュレフ(エジプト)0勝2敗
▼グループ3
1位 レイ・ジャンファン(オーストラリア)1勝1敗
2位 ポータ(ハンガリー)1勝1敗
3位 チャン・モー(カナダ)1勝1敗
▼グループ4
1位 スッチ(ルーマニア)2勝0敗
2位 リュウ・ジャ(オーストリア)1勝1敗
3位 ウー・ユエ(アメリカ)0勝2敗
 
■決勝トーナメント
▼1回戦
朱雨玲(中国)8,5,7,5 エックホルム(スウェーデン)
ポルカノバ(オーストリア)9,8,9,6 サマラ(ルーマニア)
杜凱琹(香港)-6,6,10,6,-16,8 スッチ(ルーマニア)
鄭怡静(中華台北)6,8,18,11 ポータ(ハンガリー)
丁寧(中国)7,9,4,7 リュウ・ジャ(オーストリア)
徐孝元(韓国)6,4,-4,4,-6,-9,6 レイ・ジャンファン(オーストラリア)
平野美宇(日本)7,9,5,3 キム・ソンイ(北朝鮮)
石川佳純(日本)-4,-5,7,9,8,8 陳思羽(中華台北)
▼準々決勝
朱雨玲(中国)6,12,8,4 ポルカノバ(オーストリア)
鄭怡静(中華台北)-8,-9,11,9,6,3 杜凱琹(香港)
丁寧(中国)6,3,-5,6,3 徐孝元(韓国)
石川佳純(日本)-4,7,9,6,3 平野美宇(日本)
▼準決勝
朱雨玲(中国)6,4,-1,5,8 鄭怡静(中華台北)
丁寧(中国)7,5,3,9 石川佳純(日本)
▼3位決定戦
鄭怡静(中華台北)8,7,10,-13,8 石川佳純(日本)
▼決勝
丁寧(中国)9,8,10,8 朱雨玲(中国)

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事