1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. 男子ワールドカップ2018 樊振東が優勝

男子ワールドカップ2018 樊振東が優勝

男子ワールドカップが10月19〜21日にフランスのパリで開催された。優勝は樊振東(中国)。2016年と合わせ2度目のワールドカップ優勝となった。決勝にはボル(ドイツ)が進んだ。準決勝では、昨年のワールドカップ決勝で敗れたオフチャロフ(ドイツ)にリベンジ。昨年のワールドカップで林高遠、馬龍と2人の中国選手を倒したボルだったが、今回の樊振東との決勝では、残念ながら1ゲームを奪うにとどまった。
日本からは張本智和(JOCエリートアカデミー)と丹羽孝希(スヴェンソン)が出場。張本はボルに、丹羽は林高遠に敗れ、いずれもベスト8だった。
写真提供=国際卓球連盟(ITTF)

 

20181022-mens-worldcup.jpg優勝の樊振東(中央)、2位のボル(左)、3位の林高遠(右)

 
 
■予選リーグ
▼グループA
1位 サムソノフ(ベラルーシ)2勝0敗
2位 ルベッソン(フランス)1勝1敗
3位 カルデラーノ(ブラジル)0勝2敗
▼グループB
1位 S.ゴズィー(フランス)2勝0敗
2位 ジャア(アメリカ)1勝1敗
3位 アルナ(ナイジェリア)0勝2敗
▼グループC
1位 丁祥恩(韓国)2勝0敗
2位 ツボイ(ブラジル)1勝1敗
3位 ジオニス(ギリシャ)0勝2敗
▼グループD
1位 グロート(デンマーク)2勝0敗
2位 ファルク(スウェーデン)1勝1敗 ※M.カールソン
3位 フ・ヘミン(オーストラリア)0勝2敗
 
■決勝トーナメント
▼1回戦
樊振東(中国)7,9,6,8 ツボイ(ブラジル)
サムソノフ(ベラルーシ)6,10,9,-7,7 黄鎮廷(香港)
丹羽孝希(日本)8,5,-4,10,5 グロート(デンマーク)
林高遠(中国)8,-6,7,6,3 ジャア(アメリカ)
オフチャロフ(ドイツ)5,-4,-7,11,3,-5,10 ファルク(スウェーデン)
李尚洙(韓国)6,-4,-6,7,-6,8,8 S.ゴズィー(フランス)
張本智和(日本)6,6,7,7 丁祥恩(韓国)
ボル(ドイツ)8,-8,8,5,7 ルベッソン(フランス)
▼準々決勝
樊振東(中国)3,6,10,6 サムソノフ(ベラルーシ)
林高遠(中国)10,-5,12,9,5 丹羽孝希(日本)
オフチャロフ(ドイツ)4,5,-11,-9,-5,5,5 李尚洙(韓国)
ボル(ドイツ)-9,3,11,5,9 張本智和(日本)
▼準決勝
樊振東(中国)-10,10,13,7,6 林高遠(中国)
ボル(ドイツ)-12,7,13,-9,11,5 オフチャロフ(ドイツ)
▼3位決定戦
林高遠(中国)7,9,-9,4,3 オフチャロフ(ドイツ)
▼決勝
樊振東(中国)9,5,6,-9,8 ボル(ドイツ)

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

Page Top