1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. その他(トピックス)
  4. プリモラッツがITTFアスリート委員長に

プリモラッツがITTFアスリート委員長に

 ITTF(国際卓球連盟)アスリート委員長の改選が、ワールドツアー・グランドファイナルの期間中に行われた。現アスリート委員長は暫定的に柳承敏(韓国)が務めていた。
 新しいアスリート委員長に立候補したのはゾラン・プリモラッツ(クロアチア)とジャン・ミシェル・セイブ(ベルギー)。投票の結果、プリモラッツが新たなアスリート委員長に決まった。任期は2022年までとなる。
 副委員長には、ガリア・ドボラック(スペイン)、ダナ・チェホバ(チェコ)という2人の女性が就任した。

 プリモラッツは1969年5月10日生まれの、現在49歳。7歳の時に卓球に出合うと、「毎日クラブに足を運んでいた。1度も練習を休んだことがない」というほど夢中になって練習。高校卒業と同時にプロ卓球選手となった。1991年8月、22歳の時、クロアチアで内戦が始まり、国内での練習が不可能になるなど苦しんだが、1992年1月にクロアチアが国として認められると、プリモラッツはクロアチア代表として国際大会に出場。オリンピックや世界卓球でメダルを獲得するなど、長い間、世界のトップ選手として活躍した。

29歳の時のプリモラッツ。世界ランキング2位。
月刊「卓球レポート」の表紙に登場した

文=川合綾子 ※文中敬称略 

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

Page Top