1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. 世界卓球2021、世界卓球2022 候補地

世界卓球2021、世界卓球2022 候補地

 2021年と2022年の世界卓球の開催地が、世界卓球2019ブダペスト期間中の4月22日に行われる国際卓球連盟の年次総会で決定される。現時点で開催地に立候補しているのは下記の都市だ。

■世界卓球2021(個人戦)候補地
アガディール(モロッコ)
ヒューストン(アメリカ)

■世界卓球2022(団体戦)候補地
成都(中国)
北九州(日本)
リスボン(ポルトガル)

 国際卓球連盟は、世界卓球2018ハルムスタッドの期間中に開催した理事会で、2021年以降の世界卓球に関して、出場数を見直す方針を固めた。現在行っている形の世界卓球を「ファイナル(finals)」と呼び、出場数を以下のように設定するそうだ。「ファイナル」への出場者を決めるために世界各地で予選会が行われることになり、「ファイナル」は現在の世界卓球よりも規模が小さくなる。

■世界卓球「ファイナル」出場数
男女シングルス 各128名
男女ダブルス 各64ペア
混合ダブルス 128ペア
男女団体 各32チーム

 ちなみに、世界卓球2021の最終候補地はアガディール(モロッコ)とヒューストン(アメリカ)だが、アジアとヨーロッパ以外の都市で世界卓球が開催されるのは、1939年のカイロ(エジプト)大会以来となる。

文=川合綾子

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事