1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. 卓球 WTTマカオ大会 競技領域は八角形

卓球 WTTマカオ大会 競技領域は八角形

 国際卓球連盟(ITTF)は2021年よりWTT(World Table Tennis)を開始する。現行のワールドツアーなどは、新たな名称、新たな形式の大会に置き換え、これまで以上にエンターテインメント性の高い大会を目指す。

 さて、WTTのお披露目イベントが2020年11月25〜29日にマカオで開催されるが、その大会での競技領域の形や卓球台の色などについて明らかになった。
 会場のデザインは従来の大会から一新され、なんと競技領域は八角形になる。そして、卓球台の天板の色とフロアの色は黒で統一。卓球台の天板の線は、白線ではなくオレンジ色の線になり、卓球台の脚部にはLEDパネルがつけられる。
 なお、WTTマカオ大会では、試験的にオレンジのボールと白のボールが両方が使用されるそうだ。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■トピックスの人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■トピックスの新着記事