1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. 中国超級リーグ ~決勝トーナメント開幕。女王・李暁霞が戦線復帰~

中国超級リーグ ~決勝トーナメント開幕。女王・李暁霞が戦線復帰~

10月30~31日に中国超級リーグの第2ステージの準決勝第1戦が行われた。

男子は山東対寧波、八一対上海が行われ、第1ステージ1位の寧波、2位の上海が勝利した。
寧波はアウェーで山東と対戦。馬龍の2得点の活躍により、3対1で初戦を飾った。4番では張継科とのエース対決をストレートで制し、チームの勝利を決めた。張継科は閻安に0対2から逆転勝利を収めるもチームは敗戦。
上海は八一とアウェーで対戦。中国運動大会決勝の再現ともいえるこのカードでは上海の許昕、八一の樊振東の両エースが1番で激突。試合は許昕が1ゲームを先取されるも、先日のワールドカップ優勝の勢いそのままに逆転勝ち。この勝利でチームに勢いをもたらすと、2番の尚坤、王励勤/許昕のダブルスも勝利を収め、3対0で第1戦を勝ち取った。

女子は山西と八一、山東と大同が対戦。第1ステージ1位の八一は勝利したものの、2位の大同は山東に敗れた。
山東はホームに大同を迎えたこの試合にエースの李暁霞を起用。リーグ後半戦はけがのため欠場していたが、この大一番で復帰した。2番で登場し、李暁丹に3対0で完勝。けがの影響を感じさせなかった。チームも3対0で勝利し、初戦を飾った。
八一はアウェーで山西と対戦。ダブルスで中国運動大会の優勝ペア、木子/曹臻がゲームオールジュースの接戦を制すなど、3対2で重要な初戦をものにした。一方の山西はエースの劉詩雯が2得点を挙げるも敗戦。2戦目以降の巻き返しに期待がかかる。

第2ステージは男女各4チームによるトーナメント方式で先に2勝したチームが決勝進出。男子の第2戦は11月2日に寧波、上海のホームで、女子の第2戦は11月3日に大同、八一のホームで行われる予定だ。

☆第2ステージ(準決勝) 第1戦
*1・2・4番は5ゲームズマッチ、3・5番は3ゲームズマッチ、最終ゲームは7点制。
<男子>(2013.10.30)
 山東魯能 1-3 寧波海天塑机

 張超 -11,-9,-6 馬龍○
○張継科 -9,-7,8,6,7-2 閻安
 張超/呉顥 -8,-4閻安/林高遠○
 張継科 -9,-2,-11 馬龍○
 侯英超 - 朱世爀

 八一熔盛重工 0-3 上海金邁馳
 樊振東 14,-5,-4,-11 許昕○
 周雨 -8,-2,6,-8 尚坤○
 周雨/徐晨皓 -5,-6 王励勤/許昕○
 樊振東 - 尚坤
 徐晨皓 - 王励勤

<女子>(2013.10.31)
 山西大土河・華東理工 2-3 八一冀中能源

 馮亜蘭 -7,-9,-6 郭躍○
○劉詩雯 8,6,5 木子
 馮亜蘭/饒静文 -5,8,8-10 木子/曹臻○
○劉詩雯 4,10,6 郭躍
 范瑛 -5,-11 曹臻○

 山東魯能 3-0 大同雲岡・金地礦業
○陳夢 -8,3,-10,9,7-2 武楊
○李暁霞 9,3,4 李暁丹
○陳夢/顧玉婷 7,3 李暁丹/劉高陽
 李暁霞 - 武楊
 顧若辰 - 劉高陽


☆男子第2ステージ日程(左側がホームチーム)
<準決勝>
○第2戦 11月2日

寧波海天塑机 ― 山東魯能
上海金邁馳 ― 八一熔盛重工

○第3戦 11月3日 ※2戦目までに勝敗が決まっている場合は行われない
寧波海天塑机 ― 山東魯能
上海金邁馳 ― 八一熔盛重工

<決勝>
○第1戦 11月13日 ○第2戦 11月16日 ○第3戦 11月17日

☆女子第2ステージ日程(左側がホームチーム)
<準決勝>
○第2戦 11月3日 

大同雲岡・金地礦業 ― 山東魯能
八一冀中能源 ― 山西大土河・華東理工

○第3戦 11月4日 ※2戦目までに勝敗が決まっている場合は行われない
大同雲岡・金地礦業 ― 山東魯能
八一冀中能源 ― 山西大土河・華東理工

<決勝>
○第1戦 11月11日 ○第2戦 11月14日 ○第3戦 11月15日


中国超級リーグ チーム・選手一覧(PDF・日本語)
中国超級リーグ第1ステージ試合日程・結果(PDF・日本語)
中国超級リーグ公式サイト(中国語):http://cttsl.sports.cn/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top