1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ブンデスリーガ2017-18 〜及川、森薗の日本勢が奮闘見せる〜

ブンデスリーガ2017-18 〜及川、森薗の日本勢が奮闘見せる〜

ドイツ・ブンデスリーガは11月5日に第6節が行われ、及川瑞基(専修大)、森薗政崇(明治大)の2人の日本選手が試合に出場した。

 及川が所属するケーニヒスホーフェンはベルクノイシュタットと対戦。ケーニヒスホーフェンは1番でヨルジッチ(スロベニア)が先制点を挙げると2番では及川がロブレス(スペイン)に3対1で勝利。このまま一気に勝負を決めたいところだったが3番のオルトが敗れると、4番の及川、5番のヨルジッチはいずれもゲームオールの末に惜敗。勝利まであと1歩のところまで迫ったが連勝を逃した。
 森薗が所属するグリューンヴェッタースバッハは村松雄斗(東京アート)が所属するオクセンハオゼンと対戦。森薗は2番でカルデラーノ(ブラジル)と対戦。森薗は2ゲームを先制される苦しい展開となったが第3ゲームからはゲームの主導権を握り逆転勝ち。劣勢をはねのけてチームに得点をもたらした。しかし、続く3番でウォーカーが敗れると4番で再び登場した森薗はS.ゴズィー(フランス)にストレート負け。森薗はチーム唯一の得点を挙げたものの勝利には結びつかなかった。なお、村松は全日本社会人選手権大会に出場したため欠場した。
 及川、森薗は全日学から1週間後にはドイツでプレーするというハードスケジュールの中で奮闘するもチームの勝利にはつながらなかった。しかし、ともにチームの中心としての活躍が求められているだけに今後も注目していきたい。

171106-01dbl.jpg及川が得点するもチームは惜敗(写真は第84回全日本大学総合選手権大会)

171106-02dbl.jpg森薗はチーム唯一の得点を挙げた(写真は第84回全日本大学総合選手権大会)

☆2017.11.5

 オクセンハオゼン 3―1 グリューンヴェッタースバッハ

○S.ゴズィー 9,6,7 バルター

 カルデラーノ 5,4,-8,-6,-4 森薗政崇○

○ディヤス 9,5,-9,8 ウォーカー

○S.ゴズィー 9,7,7 森薗政崇

 カルデラーノ ― バルター

 マーベルツェル 3―1 グレンツァオ

○フィルス 4,2,5 シュリクター

 王熹 4,-8,8,-7,-13 コウ・レイ○

○グロート -3,10,11,5 チオティ

○フィルス 6,2,4 コウ・レイ

 王熹 ― シュリクター

 ベルクノイシュタット 3―2 ケーニヒスホーフェン

 デューダ 8,-3,9,-7,-13 ヨルジッチ○

 ロブレス -8,-4,3,9 及川瑞基○

○メンゲル -9,5,4,7 オルト

○デューダ 10,-8,-5,4,6 及川瑞基

○ロブレス -9,-11,7,7,10 ヨルジッチ

 デュッセルドルフ 3―2 ザールブリュッケン

○ケルベリ 8,4,9 トキッチ

○K.カールソン -8,9,10,9 フランジスカ

 フェゲアル -4,9,-7,8,-9 アポロニア○

 ケルベリ -8,-9,-7 フランジスカ○

○K.カールソン -6,7,13,-5,10 トキッチ

 ミュールハオゼン 3―0 ブレーメン

○Da.ハーベゾーン 2,9,2 スッチ

○イオネスク 5,8,-4,-8,7 シュテーガー

○ヤンカリック 6,-7,2,8 ランビエ

 Da.ハーベゾーン ―  シュテーガー

○イオネスク ― スッチ

ブンデスリーガの全試合の動画が下記サイトで閲覧できます。日本選手の活躍をチェックしよう!

http://ttbl.de/ttbl-tv


ドイツ・ブンデスリーガ公式サイト(ドイツ語):http://ttbl.de
ブンデスリーガ2017-18チーム・選手紹介(PDF・日本語)
ブンデスリーガ2017-18試合日程(PDF・日本語)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事