1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 世界卓球
  5. 世界卓球2014東京大会4日目④ 【男子団体】日本と韓国が1位通過

世界卓球2014東京大会4日目④ 【男子団体】日本と韓国が1位通過

JA全農世界卓球東京2014東京大会(4月28日〜5月5日)4日目の5月1日は、第1ステージ予選グループリーグの最終試合が行われ、決勝トーナメントに進出する各グループの上位3チームが決定する。16時30分から行われた男子グループC・Dは日本と韓国が1位通過を決めた。
 

日本は1位通過でメダルに1歩近づいた

朱世爀を主軸に新生韓国で上位進出を目指す

<男子グループC>
1位 日本
2位 ポルトガル
3位 ギリシャ
4位 フランス
5位 ルーマニア
6位 ハンガリー

<男子グループD
1位 韓国
2位 中華台北
3位 スウェーデン
4位 朝鮮民主主義人民共和国
5位 ベラルーシ
6位 スペイン

男子グループCは、苦しみながらも日本が1位通過を決めた。ハンガリー戦では塩野も出場し、全員がコートに立ち、戦う準備は整った。準々決勝で勝てばメダルが確定だ。今大会では銅以上のメダルを目指してほしい。2位のポルトガルも上位進出の可能性は十分に持っているだろう。3位のギリシャも日本に初戦で土をつけた実力は侮れない。ジオニスの安定感とクレアンガの爆発力は多くのチームにとって脅威となるだろう。

男子グループDはアジアが3チームと偏ったが、チームランキング通りにスウェーデンがベラルーシ、朝鮮民主主義人民共和国を破り3位につけた。首位の韓国は朱世爀をエースに、中堅の趙彦来、若手の金珉鉐、鄭栄植というチームで上位進出を目指す。2位の中華台北は荘智淵、陳建安、江宏傑というラリーに強く安定感のある選手がそろっている。3位のスウェーデンはベテランのルンクイストにサウスポーのジェレル、K.カールソンを主力にクアラルンプール大会以来の王座復活を目指す。
 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)・7月号(6月20日)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:http://www.2014wtttc.com
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2014東京:
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2278&category=WTTC

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事