1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2015 森薗/三部が岸川/水谷を破り2連覇

全日本卓球2015 森薗/三部が岸川/水谷を破り2連覇

昨年、男子ダブルス決勝で岸川/水谷を破った森薗/三部が2年連続で世界卓球銅メダルのペアを破り2連覇を果たした。
 

森薗/三部が世代交代を印象づける2連覇
 
攻撃的なプレーでベテランを圧倒した森薗/三部
 
岸川/水谷は悔しい2年連続の2位
 

<男子ダブルス決勝>
森薗/三部(明治大/青森山田高校) 11-9,11-7,13-11 岸川/水谷(ファースト/beacon.LAB)

昨年の決勝と同じ顔合わせとなった決勝、第1ゲームは森薗/三部が台上から先手を取って攻め11-9と先制。第2ゲームは、森薗の動きがよく、フォアハンドドライブで得点を重ねて2対0と王手。第3ゲームも森薗/三部のペースで試合は進み、6対4とリードしたところで、岸川/水谷がタイムアウト。ここから、勝ちを意識したか森薗/三部にミスが出て、競り合いのままジュースに。森薗がフォアクロスに放ったドライブを水谷がブロックミス。マッチポイントを握るが、ここで三部がフォアハンドドライブをオーバーミス。今度は三部が岸川のドライブをバックストレートに弾くブロックを決めて再びマッチポイント。最後は森薗がフォアハンドドライブで2連覇を決めた。

■森薗政崇/三部航平のコメント
森薗「周りからは2連覇といわれていましたが、自分たちはあまり意識していなかったので正直びっくりしています。去年と違って、練習量が格段に落ちた中で板垣監督に『挑戦者の気持ちで行け』と言われて要所要所で攻めることができました。三部はよく寝坊もするし、恥ずかしがり屋で僕にとってはかわいい後輩なんですけど、プレーではバック前の技術が固くて、そこから攻撃できるところがいいところだと思います。
今日の決勝では相手が戦術を変えてきましたが、対応することができました。2年ごとに行われる世界卓球の個人戦のダブルスに出場したいです」
三部「2連覇はさすがに無理だと思っていたので、去年と同じで夢のようです。勝ち負けよりも自分たちのプレーをすることを意識することで波に乗ることができました。森薗さんは厳しい先輩で……(笑)
試合では僕は勝っていると気が抜けたりしてしまいますが、森薗さんは台から出るボールの判断が早くて、攻撃をしてくれるので、そこから自分たちのリズムが生まれると思います。僕個人の技術を全体的に上げて、これからもダブルスで組んでもらえるようにしていきたいです」

 ■岸川聖也/水谷隼のコメント
岸川「1ゲーム目の競り合いが取れずに流れを引き寄せることができなくて、3ゲーム目を取ったら変わったかもしれないですけど、相手が強かったです。
相手のしてくることは去年と変わっていませんでしたが、僕らの戦術にも対応してきて、逆に僕らは対応しきれなかったです。
明日のシングルスでは久しぶりに隼と対戦します。これまでも何度か当たる組み合わせはありましたが、その前に負けてしまっていたので、明日隼と試合できることはとても楽しみです」
水谷「去年決勝で同じペアに負けていたので、今年はリベンジしたかったんですけど、1ゲーム目の競り合いを取れなくて、流れをつかめませんでした。今年はYGサービスを多めにして、レシーブもストップだけではなく、長いレシーブも混ぜていきましたが、相手にうまく対応されてしまいました。
明日は岸川さんとシングルスの準決勝で対戦しますが、お客さんに喜んでもらえるようないい試合をしたいです」

 

吉村/平野の高校生ペアは大健闘の3位
 
張/高木和は持ち味を出せないままストレート負け


<男子ダブルス準決勝>
森薗/三部(明治大/青森山田高) 11-6,11-6,6-11,10-12,11-5 吉村/平野(野田学園高)
岸川/水谷(ファースト/beacon.LAB) 11-3,11-4,11-5 張/高木和(東京アート)


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top