1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 世界卓球
  5. 世界卓球2015蘇州大会5日目⑤ 福原/若宮はメダルに届かず

世界卓球2015蘇州大会5日目⑤ 福原/若宮はメダルに届かず

世界卓球2015蘇州、メダルの期待がかかった女子ダブルスの福原/若宮だが、丁寧/李暁霞の世界王者ペアにストレート負けを喫しメダル獲得はならなかった。
 

福原/若宮は世界卓球女王ペアにあえなくストレート負け

平野美/伊藤を破ったリ・ジエ/リ・チェンが初のメダル

劉詩雯/朱雨玲も危なげなくベスト4入り

馮天薇/ユ・メンユは韓国ペアを退け、2大会連続の表彰台


<女子ダブルス準々決勝>
丁寧/李暁霞(中国) 8,10,5,9 福原/若宮
リ・ジエ/リ・チェン(オランダ/ポーランド) 2,6,9,4 フ/シェン・ヤンフェイ(トルコ/スペイン)
劉詩雯/朱雨玲(中国) 8,8,5,3 鄭怡静/李依真(中華台北)
馮天薇/ユ・メンユ(シンガポール)  8,5,7,-6,9 朴英淑/梁夏銀(韓国)

福原/若宮は丁寧/李暁霞の世界女王ペアとの対戦。第1、第2ゲームとも競り合いながらも中国ペアに奪われ苦しい流れ。日本ペアは台について早い打球点で攻めるがリスクも高い。ラリーになるとフィジカルに差のある中国が有利な展開に。第3ゲームも中国が取り、準決勝進出に王手。思い切って攻める日本だが、中国の固い守備、高い決定力を破ることはできずメダルには手が届かなかった。

2回戦で平野/伊藤を破ったリ・ジエ/リ・チェンのカットペアはヨーロッパ対決を制し4強入り。
劉詩雯/朱雨玲は前陣で強さを発揮して中華台北ペアを一蹴。
馮天薇/ユ・メンユは男子のようなプレーで韓国ペアを下して準決勝進出を決めた。

 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事