1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 世界卓球
  5. 世界卓球2015蘇州大会最終日⑥ 女子複は劉詩雯/朱雨玲が初優勝

世界卓球2015蘇州大会最終日⑥ 女子複は劉詩雯/朱雨玲が初優勝

世界卓球2015蘇州最終日、今大会最後の試合となる男子シングルス決勝に先立って女子ダブルス決勝が行われた。丁寧/李暁霞と劉詩雯/朱雨玲の同士打ちはゲームオールの大熱戦となったが、劉詩雯ペアが勝利への執念を見せて初優勝を飾った。
 

苦しい戦いを乗り越えて劉詩雯/朱雨玲が初の栄冠
 
劉詩雯ペアは最後に思い切りのよい攻撃を見せた
 
決定力の高い李暁霞が得点源としてプレー
 
丁寧が転倒して返球したボールが得点になり劉詩雯も拍手を送った
 


<女子ダブルス決勝>
劉詩雯/朱雨玲(中国) -8,8,-3,8,-11,8,8 丁寧/李暁霞(中国)


第1ゲームは足を痛めている丁寧になるべくボールを回したくない李暁霞が両ハンド強打で劉詩雯ペアを攻める展開。9-5と丁寧ペアがリードしたところから、劉詩雯ペアが9-8まで追い上げるが、4人の中でずば抜けて高い決定力の李暁霞がゲームをリードし、11-8で丁寧ペアが先行。
第2ゲームは劉詩雯ペアがピッチの速い攻撃で4-0とリードするが、そこから丁寧ペアが緩急を使ったプレーで8点連取。今度は劉詩雯ペアがコースを突いた攻撃や回転量の多いボールを効果的に使うなどして7点連取で11-8。
第3ゲーム、一番若い朱雨玲が初の決勝の雰囲気に飲まれて実力を発揮できていない様子。劉詩雯もチャンスボールをミスするなど失点を重ねて、丁寧ペアが11-3と一方的な展開。
第4ゲームは丁寧ペアが緩急とコースを突いたボールで地味ながら得点を重ね、3-5から7-5と逆転。ここで劉詩雯ペアがタイムアウト。コースを突いた攻撃で9-7と逆転。劉詩雯ペアが11-8と逃げ切って2対2。
要の第5ゲームは劉詩雯ペアがカウンターをケアして強いボールで攻めない。丁寧ペアは頼みの李暁霞にかかっているが、ゲームポイントでバックハンドをミスしてジュースになると、李暁霞がリスキーな攻撃を決めてゲームポイントをしのぐと、丁寧がフォア側への大きなフットワークでストレートにカウンター。最後は李暁霞の3球目が決まって13-11で李暁霞ペアが王手。
第6ゲーム、後がなくなった劉詩雯ペアはアグレッシブな強打で攻めて6-3とリード。李暁霞ペアは長いラリーでも得点し、8-8に追いつくが、劉詩雯ペアも執念のプレーでボールに食らいついて11-8。
最終ゲーム、お互いに一歩も譲らない1本1本の重みを感じるようなラリーが続く。4-4、5-5、6-6と2点と点差が開かないクロスゲーム。7-6と劉詩雯ペアがリードしたところから、大きなラリーで丁寧が倒れたまま返球し、これがポイントに。このプレーに劉詩雯も拍手を送る。9-8から劉詩雯が回り込んで3球目攻撃を決めてチャンピオンシップポイント。最後は劉詩雯の浮いたレシーブを李暁霞がミス。1時間以上に及んだ熱戦がようやく幕を下ろした。女子ダブルスで右利き同士のペアの優勝は1997年のマンチェスター大会の鄧亜萍/楊影以来18年ぶりの栄冠となった。

 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事