1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. 第22回アジア選手権大会5日目① 〜混合ダブルスで大島/若宮が準決勝進出!〜

第22回アジア選手権大会5日目① 〜混合ダブルスで大島/若宮が準決勝進出!〜

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会5日目は男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの個人戦種目が行われる。10時30分(日本時間:12時30分)からは混合ダブルス準々決勝が行われ、大島/若宮ペアが準決勝進出を決めた。森薗/伊藤ペアはゲームオールジュースの末に敗れ、メダル獲得とはならなかった。


150930-01.jpg大島/若宮ペアがメダル獲得!

150930-02.jpg森薗/伊藤はゲームオールの接戦まで持ち込んだが、惜敗

150930-04.jpg樊振東/陳夢は明日の準決勝で大島/若宮と対戦

 

<混合ダブルス準々決勝>

大島/若宮(日本) 1、-9、6、-9、8 ウォン・チュンティン/ドゥー・ホイケン(香港)

チェ・イル/リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国) 10、-9、-9、6、10 森薗/伊藤(日本)


 昨日までで団体戦が終わり、大会5日目からは各コートで個人戦が行われる。混合ダブルスでは準々決勝が行われ、大島/若宮ペアがメダルを確定させた。大島/若宮ペアはウォン・チュンティン/ドゥー・ホイケンと対戦。第1ゲームは強打を誇る相手を封じ込め、先制点を挙げた。しかし、2ゲーム目以降はラリー戦で香港ペアが巻き返し、一進一退の攻防が続いた。勝負の行方は最終ゲームまでもつれたが、大島の強打からチャンスをつくり出し、見事日本ペアが勝利を収めた。

 森薗/伊藤ペアはチェ・イル/リ・ミギョンと対戦。第1ゲームを落としたが、第2、第3ゲームは森薗の強打と伊藤のピッチの速い攻撃で得点を挙げて、勝利に王手をかけた。しかし、ここからチェ・イル/リ・ミギョンが反撃。大きなラリーで得点を重ねて第4ゲームを奪うと、迎えた第5ゲームもラリーからの展開で優位に立ち、勝利。森薗/伊藤は最後まで粘りを見せたが、わずかに及ばなかった。


 このほか、樊振東/陳夢、ヤン・ズィ/ユ・メンユが4強進出を決めている、準決勝は明日行われる。時間と組み合わせは以下の通り。


12:00〜 樊振東/陳夢(中国) ー 大島/若宮(日本)

12:50〜 チェ・イル/リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国) ー ヤン・ズィ/ユ・メンユ(シンガポール)



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。
 

 

 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事