1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成27年度
  5. 全日本卓球2016 混合ダブルス2回戦、上位進出を狙うシードペアが登場

全日本卓球2016 混合ダブルス2回戦、上位進出を狙うシードペアが登場

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会2日目は男子ダブルス1〜2回戦、女子ダブルス1〜2回戦、混合ダブルス2〜3回戦、ジュニア男子2〜3回戦が行われる。混合ダブルス2回戦ではシード選手が登場し、順当に勝ち上がりを決めた。

 

松平(右)/若宮は逆転で3回戦進出を果たした
 
昨年ベスト4の田添(右)/前田も順当に勝ち進んだ
 
坪井(左)/松澤は苦戦しながらも勝利
 
平野(右)/鈴木も上位進出を狙う
 

 大会2日目は混合ダブルスの2回戦からスタートした。昨年優勝の吉村/石川が欠場する中、優勝争いも混戦になることが予想されるこの種目。その中で、昨年2位の松平/若宮(協和発酵キリン/日本生命)ら、昨年上位に進出したペアが3回戦へと勝ち上がりを決めた。

 松平/若宮は北村/鈴木(信号器材/東信電気)と対戦。初戦ということもあり、動きにかたさが見られて第1ゲームを落としたが、第2ゲーム以降は勝負どころで着実に得点を重ねて勝利を収めた。また、昨年ベスト4の時吉/山梨(ZEOS/ミズノスポーツサービス)、田添/前田(専修大/日本生命)も3回戦進出を決めた。

 このほか、坪井/松澤(筑波大/日立化成)、及川/宋(青森山田高/中国電力)、平野/鈴木(協和発酵キリン/専修大)ら上位進出が予想されるペアも順当に勝ち上がりを決めている。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事