1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 ジュニア女子3回戦 平野、浜本、加藤らが勝ち進む

全日本卓球2016 ジュニア女子3回戦 平野、浜本、加藤らが勝ち進む

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会2日目は男子ダブルス1〜2回戦、女子ダブルス1〜2回戦、混合ダブルス2〜3回戦、ジュニア男子2〜3回戦が行われる。ジュニア女子3回戦には平野(JOCエリートアカデミー)、早田(石田卓球クラブ)ら、昨年の上位進出者が試合に臨んだ。

 

早田は盤石のプレー内容で勝利
 
平野は持ち味である両ハンドの安定感が光った
 
浜本は粘り強いカット打ちで勝利をつかんだ
 
根気づよいプレーで4回戦進出を決めた加藤
 

 昨年決勝で悔し涙をのんだ早田は動きの良いプレーで萱嶋 (明誠エリートU15プログラム)に完勝。台から距離をとって打つ両ハンドドライブは威力十分で相手に付け入る隙を与えなかった。思い切りの良いプレーの中でも、一つ一つのプレーを丁寧に行い、自身の状態を確かめるようにプレーして次戦へと駒を進めた。

 昨年ベスト4の平野(JOCエリートアカデミー)は大橋(真岡女子高)に3対0で勝利。持ち味である両ハンドの安定感で相手を圧倒した。また、サービスやレシーブでも終始主導権を握り続けてストレートで勝利。頂点に向けて好スタートを切った。

 世界卓球2016クアラルンプール女子日本代表選考会で優勝して日本代表の切符をつかんだ浜本も勝利で次戦へと駒を進めた。浜本は忠津(城南高)のカットに苦しむ場面もあったが、緩急をつけたドライブで流れを相手に渡さなかった。

 昨年ベスト4の木村(四天王寺高)や加藤(礼武道場)、橋本(四天王寺高)といったシード選手が勝ち進む中、昨年ベスト8の三條(四天王寺高)は岩越(希望が丘高)に敗戦。2対1とリードしたところから第4ゲームのジュースの接戦を落とすと、第5ゲームは流れを呼び戻すことができなく、3回戦敗退となった。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事