1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 ジュニア男子のベスト16が決定。張本も勝ち進む

全日本卓球2016 ジュニア男子のベスト16が決定。張本も勝ち進む

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会3日目は男子シングルス1〜2回戦、女子シングルス1〜2回戦、混合ダブルス4回戦〜準々決勝、ジュニア男子4回戦〜準々決勝、ジュニア女子4回戦〜準々決勝が行われる。ジュニア男子では4回戦が行われ、ベスト16が決まった。

 

隙のないプレーで5回戦進出を決めた張本
 
緒方は苦境に立たされながらも逆転勝ち
 
出雲は終始自分のペースで試合を進めた
 
戸上(写真)ら、中学生3人もベスト16入り
 

 注目の小学6年生、張本(仙台ジュニアクラブ)は橋本(富田高)と対戦。第1ゲームは相手の強打に対して確実にブロックで止めるなど、幅広い技術、戦術を展開して11-5で先制。続く第2ゲームもサービスからフォアハンドの強打で得点を重ねて11-5でゲームを連取。第3ゲームも相手にペースを渡さず、3対0で完勝。5回戦では葉波(鶴岡東高)と対戦する。

 第2シードの緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)は盛武(野田学園高)と対戦し、0対2と劣勢に立たされたが、逆転勝ちを収めて16強入り。ベスト16には木造(愛工大名電高)、出雲(遊学館高)らインターハイで上位に入った選手が名を連ねたほか、宇田(JOCエリートアカデミー)、戸上(野田学園中)、田中(愛工大附属中)の中学生も勝ち残った。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事