1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 ジュニア女子のベスト4が決定。早田は激戦の末に敗れる

全日本卓球2016 ジュニア女子のベスト4が決定。早田は激戦の末に敗れる

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会3日目は男子シングルス1〜2回戦、女子シングルス1〜2回戦、混合ダブルス4回戦〜準々決勝、ジュニア男子4回戦〜準々決勝、ジュニア女子4回戦〜準々決勝が行われる。ジュニア女子では、ハイレベルな戦いが繰り広げられた結果、梅村(四天王寺高)浜本(JOCエリートアカデミー/大原学園)、橋本(四天王寺高)、平野(JOCエリートアカデミー)の4選手が準決勝進出を決めた。

 

梅村は早田のミスを誘うなど巧みなプレーで4強入り
 
浜本は質の高いドライブを軸に勝ち進む
 
橋本はここ一番での勝負強さが光った
 
平野は両ハンドの安定したプレーで塩見を破った
 


準々決勝の結果は以下の通り。
梅村(四天王寺高) 3-2 早田(石田卓球クラブ)
浜本(JOCエリートアカデミー/大原学園) 3-0 山本(福井商業高)
橋本(四天王寺高) 3-2 皆川(昇陽中)
平野(JOCエリートアカデミー) 3-0 塩見(ミキハウスJSC)


 女子シングルス準々決勝では昨年2位の早田が梅村に敗れる波乱があった。第1ゲームからジュースにもつれる接戦となった両者による一戦は梅村の前陣でのプレーに対して早田が距離をとって力強いドライブ攻めるという構図で進んだ。梅村が早田の鋭いドライブをブロックで左右に揺さぶって得点すれば、早田も強気の攻めで得点するなど、互いに一歩も譲らず勝負の行方は最終ゲームに持ち越された。最終ゲームも一進一退の攻防が続き、終盤まで点差が離れない展開となった。互いの気迫や意地がぶつかり合う対戦となったが、最後は梅村が早田に粘り勝ち。ゲームオールジュースにまでもつれた一戦を制した。優勝候補の一角であった早田は昨年の悔しさもあり、優勝にかける思いも強かったが、大事な場面で梅村のバック面の異質ラバーを駆使したプレーに対してドライブミスが出て敗戦。準々決勝で姿を消すことになった。
 
 このほか、浜本は4回戦の野村戦(卓伸クラブ)で苦しんだが、5回戦、準々決勝は回転量の多いバックハンドドライブを武器にラリー戦で相手を上回り、準決勝進出を果たした。橋本対皆川の一戦は皆川が2対1とリードをしたが、ここから橋本が巻き返し逆転勝利。攻撃的なカットでチャンスをつくり出し、フォアハンドの強打を決めるなど積極的な姿勢が功を奏した。平野は5回戦の笹尾(横浜隼人高)とのゲームオールの激闘を制すと、準々決勝では塩見にストレート勝ち。塩見のバック側にドライブを集める展開がはまって昨年に続く準決勝進出を果たした。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事