1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 ジュニア男子5回戦 張本が昨年に続く8強入り

全日本卓球2016 ジュニア男子5回戦 張本が昨年に続く8強入り

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会3日目は男子シングルス1〜2回戦、女子シングルス1〜2回戦、混合ダブルス4回戦〜準々決勝、ジュニア男子4回戦〜準々決勝、ジュニア女子4回戦〜準々決勝が行われる。ジュニア男子では5回戦が行われ、小学6年生の張本(仙台ジュニアクラブ)が昨年に続いてベスト8進出を果たした。

張本は圧巻のプレーの連続でベスト8入り
王者を狙う木造も準々決勝進出を決めた
伊丹はラリー戦で宇田に打ち破った
沼村は精度の高いプレーで弓取に勝利

 張本(仙台ジュニアクラブ)は葉波(鶴岡東高)と対戦。第1ゲームは中盤までもつれる展開が続いたが、葉波のバック側にボールを集めてチャンスをつくり出し、先制点を挙げた。第2ゲームは序盤から相手をブロックで左右に揺さぶる技術の高さを見せてリード。ゲーム後半には流れるようなプレーの連続で圧倒した。第3ゲームこそ葉波の粘りに合う場面もあったが、打球点が早いバックハンドと両コーナーを突いた攻撃でゲームの主導権を握り、勝利を収めた。

 このほか、昨年ベスト4の伊丹(野田学園高)は宇田(JOCエリートアカデミー)に3対1で勝利。厳しいサービスとレシーブで宇田に思うような形で攻撃をさせないプレーが光った。インターハイ2位の木造(愛工大名電高)は戸上(野田学園中)にストレート勝ち。一発の威力がある戸上に押される場面もあり、第2、第3ゲームはともにジュースまでもつれたが、勝負どころできっちりと得点を挙げて8強進出を決めた。このほか、出雲(遊学館高)、松山、髙見(ともに愛工大名電高)、沼村(野田学園高)、緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)がベスト8に進出。なお、準々決勝は本日の18時から行われる。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事