1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2016 木造勇人がジュニア男子を制す!

全日本卓球2016 木造勇人がジュニア男子を制す!

ジュニア男子の決勝は木造(愛工大名電高)と緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)の戦いになった。確かな技術と戦術で勝ち進んだ両者による一戦は意地と気迫がぶつかり合う好ゲームとなったが、木造が3対1で勝利をつかみ、ジュニア男子の頂点に立った。

木造が打球点の早い攻撃で初優勝をつかむ!
緒方は1ゲームを奪ったが、優勝には届かなかった

<ジュニア男子決勝>
木造(愛工大名電高) 6,3,-3,12 緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)

 序盤は木造が自身のサービスからチャンスをつくり出して得点を重ねた。緒方は後陣に下げられたところから逆襲を仕掛けようとするが、木造が打球点の早い攻撃で攻めきり。大事な先制点を挙げた。
 第2ゲームも木造の目の覚めるような攻撃が次々に決まりゲームを連取。初優勝に向けて王手をかけた。
 後がなくなった緒方は、第3ゲームから木造のバックサイドを攻める攻撃で優位な状況をつくり出した。さらにレシーブでも積極的なチキータから好機をつくり出して、このゲームを11-3で奪った。
 第4ゲームも緒方が木造のバックサイドを中心に攻めて得点を重ねた。時折フォアサイドに打ち抜くドライブも効果的に決まった。このまま最終ゲームにもつれるかと思われたが、木造が7-10とゲームポイントを奪われたところから逆襲。連続得点で10-10に追いつくと、勢いそのままにゲームの流れをひっくり返して12-10でゲームを奪取。劇的な形で初優勝を果たした。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事