1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2016クアラルンプール
  5. 世界卓球2016クアラルンプール初日 日本女子順調な滑り出し

世界卓球2016クアラルンプール初日 日本女子順調な滑り出し

世界卓球2016クアラルンプール(2月28日〜3月6日)、大会初日の今日は日本女子が第1試合でチェコと対戦。福原、石川、伊藤のベストメンバーで臨んだ日本チームは、チェコをストレートで下し初戦を白星で飾った。
 

トップバッターの福原がストレート勝ちで先制点

高い対応力で逆転勝ちを収めた石川

石川は苦戦を強いられたが勝ちきって日本が王手

バチェノフスカは緩急をつけた攻撃で石川を苦しめた

初出場の伊藤は貫禄すら感じさせる戦いぶり


<女子団体第1ステージ>
 日本 3-0 チェコ

○福原 5,10,8 マテロバ
○石川 -9,6,-8,8,8 バチェノフスカ
○伊藤 7,9,9 チェホバ
 福原 ー バチェノフスカ
 石川 ー マテロバ

日本女子の初戦の相手となったのはチェコ。マテロバ、バチェノフスカ、チェホバと攻撃力のある選手をそろえて日本に挑んだ。対する日本は、福原、石川、伊藤の五輪メンバーで臨んだ。
第1試合、福原は表ソフトラバーを貼ったバック面のくせ球で攻撃力のあるマテロバに先手を取らせず、第1ゲームを先行。
第2ゲームはマテロバのチキータからの展開に福原が苦しむ場面も見られ、競り合いになったが、緩急のあるボールでじっくり攻めた福原がゲームポイントをしのいで12-10。
第3ゲームも福原が主導権を握り7-5とリードしたところで、チェコベンチがタイムアウト。しかし、福原は9-5と突き放し、長短をつけたバックブロックで追い上げるマテロバを振り切り11-8で日本が先制点。

第2試合は石川対バチェノフスカ。石川は決定打にミスが見られたものの、打球点の早い両ハンドでワイドに攻めて徐々にペースつかむが、8-8からの2本のミスが響いて11-9でバチェノフスカが先制。
石川はアグレッシブなプレーでバチェノフスカに攻めさせず11-6。
第3ゲーム、石川は勝ち急ぐかのようなプレーでミスを重ね1-7とリードを許す。しかし、石川が4-7と追い上げたところでチェコベンチがタイムアウト。前陣で打球点の早さを追求する石川に対して、台から距離を取ってラリーの主導権を握ったバチェノフスカが11-8と王手。
第4ゲーム、5-5からチャンスボールをミスしたバチェノフスカが集中力を欠いたプレーでミスを連発。一気に石川が10-5と引き離す。石川は集中力の高いプレーでバチェノフスカの追い上げを振り切って11-8で最終ゲームへ。
最終ゲームは石川らしい落ち着きを取り戻したプレーで、ラリーで相手を大きく揺さぶりリードする展開。しかし、4-2からバチェノフスカの粘り強いプレーで4-6と逆転されたところで日本ベンチがタイムアウト。石川は思いきったプレーで6-6に追いつくが、再び6-8とリードを許す。フットワークとフォアで攻めた石川が再び追いつき8-8に。すきのない両ハンド攻撃で攻めきった石川が11-8で接戦を物にした。

3番は伊藤対チェホバ(129位)。世界ランキングでも大きな差のある相手に対して、伊藤は格上らしい落ち着いた攻守で、序盤のリードを生かし11-7。
第2ゲームはチェホバが無理をせずに入れてくるが、伊藤は決定力の高いボールで11-9と逃げ切る。
第3ゲーム、1-4とリードを広げられたところで後のないチェホバがタイムアウト。伊藤らしい意外性のあるバックハンド強打で得点を重ね10-6とリードするが、後1点が決めきれずに10-9と追い上げられたところで日本がタイムアウト。最後は伊藤の投げ上げサービスをチェホバがレシーブミス。日本が手堅く1勝目を挙げた。


大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/
 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事