1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2016クアラルンプール
  5. 世界卓球2016クアラルンプール4日目 男子の韓国、女子の香港が予選1位通過を決める

世界卓球2016クアラルンプール4日目 男子の韓国、女子の香港が予選1位通過を決める

世界卓球2016クアラルンプール(2月28日〜3月6日)の4日目は、第1ステージの最終試合が行われ、決勝トーナメントに進出する各グループの上位3チームが決定する。10時から行われた男子グループDと女子グループDの試合の結果、男子は韓国、女子は香港の1位通過が決まった。
 

朱世爀は大黒柱としてきっちりと2得点を挙げた

鄭榮植は苦しみながらも唐鵬に勝利

香港が韓国との1位通過をかけた戦いを制した

李皓晴はチームに流れを引き寄せる勝利でチームに貢献

<男子グループD>
1位 韓国
2位 香港
3位 クロアチア
4位 ロシア
5位 ルーマニア
6位 イタリア

<女子グループD
1位 香港
2位 韓国
3位 オーストリア
4位 ロシア
5位 アメリカ
6位 スウェーデン

男子グループDは、韓国が香港との1位通過をかけた激闘を制して5戦全勝。香港戦では大黒柱の朱世爀がエースとして着実に2点を挙げてチームを勝利へと導いた。このほか、鄭榮植が香港戦の3番で唐鵬とのフルゲームの激闘を制して勝利をたぐり寄せた。2位の香港は黄鎮廷がチームを引っ張る活躍を見せたが、韓国戦では朱世爀のカットを打ち抜くことができなかった。エースのガシナ、大ベテランのプリモラッツらが出場するクロアチアは、予選最終戦でロシアに3対2で勝利して決勝トーナメント進出を果たした。

女子グループDは、香港が5戦全勝で1位突破を決めた。若手の杜凱琹、李皓晴を軸に、姜華珺、帖雅娜ら、ベテランが脇を固める布陣で上位進出を狙う。予選最終戦の韓国戦では、1番でカット主戦型の徐孝元に先制点を許したものの、2番で李皓晴が梁夏銀をゲームオールの末に破ってチームに勢いをもたらし、チームを勝利に導いた。2位の韓国は徐孝元、梁夏銀、朴英淑が中心となって戦うも、首位通過とはならなかった。3位のオーストリアはエースのリュウ・ジャがチームをけん引し、予選突破を決めた。
 


大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/
 

 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事