1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2016クアラルンプール
  5. 世界卓球2016クアラルンプール4日目 日本女子はドイツに敗れるも予選を首位で通過

世界卓球2016クアラルンプール4日目 日本女子はドイツに敗れるも予選を首位で通過

世界卓球2016クアラルンプール(2月28日〜3月6日)大会4日目の19時30分(日本時間20時30分)からは日本女子がドイツと対戦。第1ステージの首位突破をかけた一戦は長時間に及ぶ死闘の末、日本が2対3でドイツに敗れた。日本は敗戦を喫したものの、勝敗で並んだドイツ、朝鮮民主主義人民共和国との対戦成績の結果、第1ステージ1位通過を決めた。
 

石川はトップで勝利したが、ゾルヤにゲームオールの末に敗れた

福原は2失点という結果に悔しさをにじませた

伊藤はヴィンターを破り、日本に2勝目をもたらした

日本の両エースを破り、勝利に大きく貢献したP.ゾルヤ

シルバーアイゼンは5番で福原に勝利

勝利の瞬間、ドイツはチームで喜びを分かち合う


<男子団体第1ステージ>
 日本 2-3 ドイツ

○石川 4,5,6 シルバーアイゼン
 福原 -10,-3,-9 P.ゾルヤ○
○伊藤 10,-10,7,5 ヴィンター
石川 9,-5,-11,8,-7 P.ゾルヤ○
 福原 -6,-9,7,-10 シルバーアイゼン○

4連勝で第1ステージ最終戦を迎えた日本。対するは逆転での1位通過を狙うドイツ。日本は石川、福原、伊藤の3人でこの一戦に臨んだ。

1番は石川対シルバーアイゼン。両ハンドの強打があるシルバーアイゼンに対して石川は第1ゲームから厳しいレシーブで相手に攻撃をさせず、自身のサービスからの展開では相手の両サイドを打ち分けて、11-4で先制。
非常に良い滑り出しとなった石川は第2ゲームもシルバーアイゼンを圧倒。第1ゲームに続いてレシーブで相手の強打を封じた石川。レシーブで得点を重ねてリズムに乗ると、自身の攻撃でも好プレーが生まれ、良い形で2ゲームを連取した。
勝利に王手をかけた石川は、第3ゲームも一分の隙も見せないプレーでシルバーアイゼンに勝利。トップバッターとしての役割をきっちりと果たして2番へとたすきをつないだ。

続く2番は福原対P.ゾルヤが対戦。2人は昨年の女子ワールドカップで対戦しており、そのときはゾルヤが0対3から逆転勝利を収めている。
リベンジを果たしたい福原は、第1ゲーム、ゾルヤのバック、ミドルを突いてチャンスを伺うが、福原の変化をつけたプレーに対してもゾルヤは動じず。福原は8-10とゲームポイントを握られたところから追いついたが、最後は自身のサービスミスも重なり、ゲームを落とした。
第2ゲーム、巻き返しを図りたい福原だったが、ゾルヤは福原の左右への揺さぶりに対しても完璧に対応。得意とするバックハンドだけではなく、フォアハンドでも主導権を握り、11-3でゲームを連取した。
反撃をしたい福原は第3ゲームの中盤、リードを広げられたところから逆襲。逆転してリードを奪ったが、ゾルヤはこの場面でも冷静さを保った。緩急をつけたドライブで福原のリズムを崩すなど再びリードを奪い11-9で勝利を収めた。敗れた福原は、ゲームを奪うチャンスもあったが 、わずかに及ばなかった。

3番は伊藤対ヴィンター。昨年は2度対戦しており、いずれも伊藤が勝利を収めていたが、試合は序盤から競り合いが続いた。ヴィンターの強烈なフォアハンドドライブに苦しめられた伊藤だったが、終盤はバック側に回り込んでフォアハンド強打を打つヴィンターのボールをフォア側にブロックする的確なプレーで先制点を奪った。
続く第2ゲームはバックハンドも交えてさらに攻勢を強めてきたヴィンター。それに対して伊藤も緩急をつけたプレーで先にゲームポイントを奪った。しかしここから粘りを見せたヴィンターが12-10でこのゲームを奪った。伊藤は10-9リードの場面でタイムアウトを取るも実らなかった。
第3ゲームはヴィンターが3連続得点を挙げてスタートしたが、その後、伊藤はヴィンターの攻撃にも冷静な対応を見せて7連続得点。相手のミスも重なり、このゲームを11-7で奪った。
迎えた第4ゲームは伊藤が序盤からサービスでヴィンターを揺さぶり得点を挙げた。フォ長短をつけたサービスでチャンスをつくりフォアハンドのスマッシュを決める形がはまって11-5で勝利を収めた。

1位通過にあと一歩に迫った日本は4番で石川が登場。福原を破ったP.ゾルヤとの対戦。昨年3月のドイツオープンでは敗れている石川だが、第1ゲームは4連続得点を挙げるなど序盤からリードを広げた。これに対してゾルヤも石川のサービスをフリックで強打するなど厳しいプレーで9-9と追いついた。この場面で石川はゾルヤとの打ち合いを制して、11-9で先制点を奪った。
続く第2ゲームもお互いに相手の甘いサービスを見逃さずなど、中盤までは競り合いが続いたが、4-4からゾルヤが5連続得点。石川とのバックの打ち合いを制するなど、ラリー戦での強さを発揮して第2ゲームを奪い返した。
第3ゲームは石川がゾルヤの攻撃に食らいついてジュースまで持ち込んだが、ゾルヤの手堅いプレーを崩し切ることができず11-13で敗戦に追い込まれた。
第4ゲームは手出しからゾルヤが4連続得点。ここで日本ベンチがタイムアウトを要求。苦しい状況に立たされた石川だったが、タイムアウト後は体勢を立て直してゾルヤに迫った。4-6からは6連続得点を奪うなど、ゾルヤのフォア側を効果的に突いてこのゲームを逆転で取った。
最終ゲームは石川のミスなどもあり、ゾルヤがスタートから7連続得点。ゾルヤの強打に対しても決死の対応を見せた石川は劣勢から追い上げを見せたものの7-11で敗れ、勝負の行方は5番へと持ち越された

勝負が決まる5番は福原対シルバーアイゼンの対戦となった。過去の対戦成績は3勝4敗の福原。第1ゲームは福原の速攻に対してシルバーアイゼンが対応。ドライブをカウンターで返すなど、ラリー戦で強さを見せたシルバーアイゼンが先制点を挙げた。
続く第2ゲームもシルバーアイゼンの猛攻を福原が受け止める展開が多くなったが、シルバーアイゼンが最後まで攻めの姿勢を崩さずに11-9でゲームを連取。
後がなくなった福原は第3ゲーム、緩いドライブと長短をつけた返球で相手のミスを誘い、11-7で1ゲームを奪い返した。
第4ゲームはシルバーアイゼンの連打に苦しみながらも、粘り強くラリーを展開して得点を重ねた福原。どちらに転ぶかわからないシーソーゲームとなりジュースにまでもつれた一戦はシルバーアイゼンが12-10で勝利。日本はドイツに2対3で敗れた。

この結果、日本、ドイツ、朝鮮民主主義人民共和国の3チームが4勝1敗で並んだが、3者間の成績の結果、日本が1位通過を決めた。ドイツに敗れた日本だが、1位で突破できたことは上位進出を考える上で非常に大きい。決勝トーナメントでは今日の敗戦を糧にさらなる奮起に期待したい。

■村上監督のコメント
(福原戦はドイツの両選手が)うまく柔らかいボールを使っていたと思います。ゾルヤには昨年のワールドカップで負けていて、シルバーアイゼンにも負けていますが、ゾルヤもシルバーアイゼンも、福原のバック面の変化を苦にしないなく、うまく対応していたという印象です。ゾルヤには福原、石川ともに以前の試合で負けていたので、2点とられても仕方ないかもとは思っていましたが、勝ちたかったですね。3番の伊藤はヴィンターに勝利し、大会を通して徐々に成長しているところを見せてくれています。
やはり全勝で気持ちよく、決勝トーナメントに臨みたいと思っていましたが、そうはいきませんでした。決勝トーナメントは対戦相手次第だと思います。福原、石川を軸としたとき、有利な国があるので、できればそこと当たりたいですね。

■石川選手のコメント
せっかく2対1で回してくれたのに、決めきれなくて申し訳ないです。(4番の)最終ゲームは力が入りすぎてしまい。守りに入ってしまって攻めのプレーができず悔しいです。そこでしっかり攻められなかったのが今日の敗因だと思います。今回は当たると思っていたので対策練習をしてきましたし、前回1ゲームも取れずに負けているので、出足から攻めていこうと思っていました。1ゲーム目はすごく良いプレーができましたが、そこから相手もプレーを変えてきました。技術面というよりは気持ちの面でしっかりいけず、思い切ったプレーができなかったと思います。1位通過となりましたし、明日からの試合では気持ちを切り替えて、今日の敗戦を受け止めつつ、また挑戦者としてプレーしたいと思います。

■福原選手のコメント
2点落としてしまったので、今日の敗戦は私の責任です。前回仙台のワールドカップで負けていた相手ですが、団体戦なので気持ちを切り替えて戦ったのですが、相手の方が自分の分析とか、上手だったのかなと思います。明日からは石川選手が語った通り、挑戦者の気持ちでプレーしたいと思います。

■伊藤選手のコメント
自分の中ではプラスになった試合だったと思います。明日以降につながる勝ちではありました。相手に思い切って向かってきたときに押されてしまったので、チームみんなで思い切っていけるようにしたいと思います。自分自身、守りにはいってしまう部分もあったので、自分もチームも、みんなで思い切っていけたらいいなと思います。


大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/
 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事