1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2016クアラルンプール
  5. 世界卓球2016クアラルンプール5日目 ドイツが韓国に勝利。日本女子と準々決勝で再戦

世界卓球2016クアラルンプール5日目 ドイツが韓国に勝利。日本女子と準々決勝で再戦

世界卓球2016クアラルンプール(2月28日〜3月6日)5日目は決勝トーナメントの1回戦と準々決勝の一部が行われる。13時(日本時間14時)から行われた女子決勝トーナメント1回戦ではドイツが韓国を3対0で破りベスト8に進出。19時30分からの準々決勝で日本と対戦する。
 

威力十分のフォアハンドで徐孝元のカットを打ち破ったヴィンター

徐孝元は最終ゲームリードしながらも逆転負け

P.ゾルヤは緩急をつけたバックハンドで梁夏銀に勝利


最後はイバンカンが勝利を収め、ドイツが準々決勝進出


<女子決勝トーナメント1回戦>
 ドイツ 3−0 韓国
○ヴィンター 5,6,-7,-2,6 徐孝元
○P.ゾルヤ 3,9,9 梁夏銀
○イバンカン 8,3,-2,11 朴英淑
 P.ゾルヤ ー 徐孝元
 ヴィンター ー 梁夏銀

韓国対ドイツの一戦は昨日、日本に勝利して勢いに乗るドイツが躍動。1番のヴィンターが徐孝元に2対0から追いつかれたものの、最終ゲームは1-5から怒濤の巻き返しを見せ、11-6で勝利。威力抜群のフォアハンドで徐孝元のカットを打ち破った。2番のP.ゾルヤはバックハンドを主体にしたプレーで梁夏銀を圧倒。緩急をつけたプレーが光りストレート勝ちを収めた。3番のイバンカンはカット主戦型ながら隙あらば攻撃を仕掛けるスタイルで、朴英淑をリード。2対1とリードで迎えた第4ゲームはシーソーゲームとなったが、競り合いを制してドイツの準々決勝進出を決めた。
この結果、ドイツは19時30分からの準々決勝で再び日本と対戦。メダル獲得をかけた一戦は白熱した展開になることが予想される。

大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/
 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事