1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン4日目⑪【男子シングルス】樊振東がS.ゴズィーに逆転勝ちで準決勝へ

ジャパンオープン4日目⑪【男子シングルス】樊振東がS.ゴズィーに逆転勝ちで準決勝へ

男子シングルス準々決勝第4試合は樊振東(中国)がS.ゴズィー(フランス)に4対1で逆転勝利。1ゲームを先制されたが、第2ゲーム以降は落ち着いたプレーを見せ、勝利を収めた。
 
樊振東はS.ゴズィーにゲームを奪われながらも逆転勝ち

S.ゴズィーは敗れたものの好プレーで観客を沸かせた


<男子シングルス準々決勝>
樊振東(中国) -7,5,5,6,8 S.ゴズィー(フランス)
 

 ここまで荘智淵(中華台北)、フレイタス(ポルトガル)といった強敵を連破して準々決勝へと勝ち進んだS.ゴズィー。対するは第2シードの樊振東。ここまでの2試合はいずれもストレート勝ちで勝ち進んできた。
 樊振東の優位が予想されたが、第1ゲームはS.ゴズィーが大きいラリー戦で樊振東に打ち勝ち、ゲームの主導権を握ると、その勢いを維持して11-7で先制。
 先制された樊振東だが、第2ゲームはチキータからの展開で先手を奪い、試合を優位に進めた。S.ゴズィーもブロックからラリーに持ち込む場面があったが、球威のある樊振東のドライブを止めることができず5-11でゲームを落とした。
 第3、第4ゲームも樊振東が先に仕掛ける展開で得点を奪うなど、終始ゲームをリード。ゲームカウントを3対1として勝利に王手をかけた。
 第5ゲームは序盤で樊振東とS.ゴズィーがともにスーパープレーで観客を湧かせるプレーで得点。S.ゴズィーは最後まで観客の声援に応えるプレーを見せたが、樊振東がそれを上回るプレーで勝利。4強進出を決めた。
 


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事