1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 総社インターハイ3日目④ 男子学校対抗ベスト4が出そろう

総社インターハイ3日目④ 男子学校対抗ベスト4が出そろう

男子学校対抗準々決勝が行われ、ベスト4が出そろった。第1シードの愛工大名電、第2シードの野田学園が順当に勝ち上がったほか、遊学館が希望が丘を破り6年ぶりに4強に復活。大阪桐蔭は今大会の台風の目となった龍谷大平安に勝利して準決勝進出を果たした。

 

愛工大名電は3対0で鶴岡東を退けた
 
遊学館は前半で出雲が落とすも五十嵐が単複で2得点
 
野田学園は1点を競り落とすも2人の主力が活躍
 
大阪桐蔭は龍谷大平安の快進撃を食い止め4強入り
 

 愛工大名電 3-0 鶴岡東
○田中 5,3,4 内田
○木造 9,4,12 葉波
○松山/木造 10,5,6 葉波/中橋
 髙見 ー 中橋
 松山 ー 大澤

第1シードの愛工大名電は鶴岡東の挑戦を1ゲームも落とすことなく完勝で退け、準決勝進出に1番乗りを決めた。準々決勝も3回戦に続き、2台進行で行われた。トップの田中は内田のカットをパワフルなフォアハンドドライブで打ち抜きストレート勝ち。2番の木造は葉波とのサウスポー対決に競り合う場面も見られたが、引き出しの多さで差を付け3対0。一気に王手をかけた愛工大名電が松山/木造のエースダブルスで葉波/中橋のサウスポーダブルスを堅実に攻略し優勝に向けて弾みを付けた。鶴岡東は昨年に続きベスト8に終わった。

 遊学館 3-1 希望が丘
○村田 7,6,8 弓取
 出雲 8,8,-5,9 蛭田○
○出雲/五十嵐 -12,5,8,-5,9 弓取/吉田大
○五十嵐 9,5,-6,8 吉田大
 三上 ー 永田

3月に行われた高校選抜でともに3位となった遊学館と希望が丘の対決は、前半で両チームがともにエースの失点という波乱含みのスタートとなったが、要のダブルスで遊学館ペアがシンプルな攻めを徹底して接戦を物にし、2対1に。4番はダブルスでも活躍した五十嵐が、青森山田中の先輩の吉田との打ち合いを制し、遊学館が6年ぶりの表彰台を決めた。

 野田学園 3-1 関西
 竹﨑 3,-12,11,-8,-10 田口○
○沼村 8,3,8 柏
○伊丹/沼村 -11,8,10,-9,7 柏/金光
○伊丹 5,4,6 松浦
 遠藤 ー 金光

昨年に続く決勝進出を目指す野田学園と、地元の応援を背に2回戦、3回戦を3対0で勝ち上がってきた関西との一戦は、田口が竹﨑の粘り強いカットを打ち抜いて関西が先制。沼村は柏とのサウスポー対決を落ち着いた両ハンドプレーでストレート勝ちを収め、1対1に。要のダブルスは野田学園ペアがゲームオールの熱戦を制して2対1とすると、4番は伊丹が中陣からも威力のある両ハンドカウンターを放ちストレート勝ち。野田学園が準決勝進出を決めた。

 大阪桐蔭 3-1 龍谷大平安
○菅沼 7,5,11 今田
○中野 6,9,-7,7 馬場
 菅沼/上村 -8,-6,5,-9 今田/足立原○
○上村 5,5,7 南﨑
 石脇  足立原

東山を破り京都府代表の座を勝ち取り、今大会の台風の目となった龍谷大平安の快進撃はベスト8で幕を閉じた。近畿対決となった準々決勝は、近畿チャンピオンの菅沼を擁する大阪桐蔭が前半で2対0と引き離し、ダブルスを落としたものの、4番でサウスポーの上村がガッツあふれるプレーでチームの勝利を決めた。「目標は優勝だが、とにかく1戦1戦、力を出し切りたい」と山岡監督。野田学園戦も好ゲームが期待される。

●男女学校対抗の勝ち上がりは下記の通りとなっています
男女学校対抗勝ち上がり(PDF)



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成28年度全国高等学校総合体育大会:http://www.koukousoutai.com/2016soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/
今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事