1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 第47回全国中学校大会最終日② 女子シングルスは長﨑美柚が王座をつかむ

第47回全国中学校大会最終日② 女子シングルスは長﨑美柚が王座をつかむ

女子シングルスは長﨑美柚(稲付)が決勝で皆川優香(昇陽)とのフルゲームの激戦を制して初優勝を飾った。

 

140822-01.jpg決勝のシーソーゲームを制した長﨑が全中王者に輝く!

14-0822-02.jpg攻めの姿勢が優勝を呼び込んだ

140822-03.jpg準々決勝では第1シードの出雲に勝利
 
14-0822-02.jpg皆川は決勝で0対2から追いつき、意地を見せた
 

■女子シングルス決勝
長﨑美柚(稲付) 8,7,-10,-6,8 皆川優香(昇陽)


 女子シングルスはともに昨年ベスト16の長﨑と皆川がファイナリストになった。長﨑は準々決勝で第1シードの出雲(曙川)を破ると、準決勝ではカット主戦型の相馬(葛塚)に勝利して決勝へと駒を進めた。反対のパートからは皆川が決勝に進出。初戦となった2回戦でフルゲームまでもつれる接戦を制すると、3回戦〜準々決勝までは全てストレート勝ち。準決勝でもゲームの主導権を握り、藤田(横浜隼人)を3対1で破った。
 決勝は長崎が積極的な攻撃で先に2ゲームを奪い王手をかけたが、第3ゲームは優勝を意識したかミスが目立ち、ジュースの末にゲームを落とした。続く第4ゲームも皆川がゲームの主導権を握り、スコアを2対2に戻した。最終ゲームは両者ともに中盤まで点差が離れない展開が続いたが、長﨑が再び攻めの姿勢を取り戻し、11-8で勝利。シーソーゲームを制してタイトルを獲得した。
 皆川は最終ゲームの終盤にミスが出て惜しくも優勝を逃したが、0対2から追い上げ、最後まで長﨑に迫った。昨日まで行われた団体戦でもチームの主力として活躍するなど、大会全体を通して力強いプレーを見せた。

■長﨑美柚優勝のコメント
「4回戦の船場さんとの試合から厳しい試合が続きましたが、コーチに『相手に勝つのではなく、自分に勝とう』と言われてきて、その言葉通り、自分に負けずしっかりと最後まで攻めていけたので良かったです。(全日本選手権大会ホープス・カブ・バンビの部など)今までずっと年上の選手がいる全国大会では優勝できていなかったのですが、今回優勝することができて良かったです。今後は東京オリンピックでの金メダルを目指していきたいです」

 

14-0822-02.jpg相馬が粘り強いプレーでベスト4入り
 
14-0822-02.jpgラリー戦でのミスが少ない藤田が4強進出

ベスト4には相馬と藤田が入賞。カット主戦型の相馬は攻撃を織り交ぜたプレーで菅澤(四天王寺)にゲームオールジュースの末に勝利。粘り強さも光った。藤田は2、3回戦でフルゲームの接戦を制すと、準々決勝ではカット主戦型の加藤(武生第二)を3対1で破り、ベスト4進出を決めた。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第47回全中 卓球:http://47thzenchutt2016.com

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事