1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 世界ジュニア
  5. 2016年世界ジュニア選手権ケープタウン大会7日目⑦ 混合複、松山/早田が決勝へ

2016年世界ジュニア選手権ケープタウン大会7日目⑦ 混合複、松山/早田が決勝へ

大会7日目は、男女シングルスの2回戦〜準々決勝、男女ダブルスの準々決勝、準決勝、混合ダブルスの準決勝が行われる。混合ダブルスは松山/早田がヨルジッチ/ルプレスクの国際ペアを破り決勝進出。対戦相手は中国ペアを破って決勝進出を果たした韓国の趙勝敏/金智淏となった。

 

松山/早田は速攻でヨーロッパペアを撃破
 
張本/平野を破った趙勝敏/金智淏が中国ペアに打ち勝つ
 

<混合ダブルス準決勝>
趙勝敏/金智淏(韓国) -9,8,-9,10,11,8 徐海東/袁媛(中国)
松山/早田(日本) 6,-11,-4,6,3,9 ヨルジッチ/ルプレスク(スロベニア/セルビア)

韓国ペア対中国ペアの一戦は、男子の意地のぶつかり合いのようなチキータ合戦になったが、1発の威力で優る趙勝敏が主導権を握り、豪打の徐海東にプレーをさせず4対2で中国ペアを破った。今大会、趙勝敏は男子団体を初め、男子シングルス、男子ダブルスと全種目で中国を破っている。今後、シニアでも注目の選手となるだろう。
松山/早田は持ち前の速さでバックハンドのうまいヨルジッチと安定感のあるルプレスクを攻めきり、決勝進出を決めた。早田は女子ダブルスとダブルス2種目で決勝に勝ち残った。

卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。
 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事