1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー
  5. 2016ワールドツアー・グランドファイナル2日目⑧ 鄭榮植が荘智淵を破り準決勝へ

2016ワールドツアー・グランドファイナル2日目⑧ 鄭榮植が荘智淵を破り準決勝へ

12月8〜11日までワールドツアー・グランドファイナルがドーハ(カタール)で開催されている。男子シングルス準々決勝では鄭榮植が荘智淵(中華台北)に勝利して4強入り。また馬龍(中国)も黄鎮廷を破って準決勝へと駒を進めた。


打球点の早い攻撃で勝利をつかんだ鄭榮植

両サイドへの厳しい攻撃で黄鎮廷を圧倒した馬龍

<男子シングルス準々決勝>
馬龍(中国) 4,3,6,5 黄鎮廷(香港)
鄭榮植(韓国) -11,-10,6,7,10,1 荘智淵(中華台北)

 1回戦で水谷隼(beacon.LAB)を破り、勢いに乗る鄭榮植は荘智淵と対戦。スタートから激しい攻防を見せる両者だが、ここ一番というところで得点を挙げた荘智淵が2ゲームを連取。苦しい展開となった鄭榮植は、第3ゲームからはサービス・レシーブで優位に立つ場面が増え、ゲームカウントを2対2に戻した。第5ゲームは9-10とゲームポイントを先に握られたがジュースに持ち込むと、最後は荘智淵の甘いサービスに対してフォアハンドドライブをしっかりとかけて得点し、大事なゲームを奪った。続く第6ゲームは第5ゲームの勢いそのままに得点を重ねて11-1で勝利。日本のエースに続いて中華台北のエースも破り、4強進出を果たした。

 もう一方の準々決勝では、馬龍が黄鎮廷にストレートで勝利。馬龍はバック対バックの展開からコースを変えて先手を奪うなど、厳しいプレーの連続で黄鎮廷に隙を見せず完勝。黄鎮廷は見応えのあるラリー戦を見せる場面もあったが、馬龍には及ばなかった。
 


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事