1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 張本らがジュニアのベスト8に勝ち進む

全日本卓球2017 張本らがジュニアのベスト8に勝ち進む

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。ベスト8入りをかけたジュニア男子5回戦では、第1シードの木造勇人(愛工大名電高)、第2シードの張本智和(JOCエリートアカデミー)らが勝利して準々決勝進出を果たした。
 

 張本はサウスポーの宮川昌大(野田学園中)と対戦。第1ゲームの序盤はフォアハンドにミスが目立った張本だが、徐々にミスが減って逆転。大事な先制点を奪った。続く第2ゲームはリードを広げて先にゲームポイントを握ったが、宮川の思い切りの良いプレーの前に逆転を喫した。迎えた第3ゲームは、張本が序盤から回転量の多いフォアハンドドライブで得点を重ねる。第2ゲームでは弱気な場面が見られたが、このゲームでは攻めの姿勢が光って2対1でリードを奪った。第4ゲームも張本がゲームのペースを握り、3対1で勝利を収めた。
 木造は金光宏暢(大原学園高)に苦しんだものの3対1で勝利。第4ゲームはゲームポイントを握られながらも逆転で制してベスト8進出を果たした。このほか、ベスト8には加賀美とのフルゲームの死闘を制した宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)らが入った。

 

宮川の粘りに苦しみながらも、張本が8強進出
 
前年度王者の木造も次ラウンドへと駒を進めた
 
宇田は爆発力のある攻撃で加賀美を破った
 
五十嵐は戸上との激闘を制して初の準々決勝進出
 
沼村は昨年に続くベスト8進出
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事