1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 早田、加藤、長﨑らがジュニア女子8強入り

全日本卓球2017 早田、加藤、長﨑らがジュニア女子8強入り

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。ジュニア女子は5回戦は5回戦が行われ、ベスト8が決定した。
 

 優勝候補筆頭の早田ひな(希望が丘高)は、一昨年の全国中学校大会で敗れた出雲美空(ミキハウスJSC)と対戦。前回の対戦ではバック面の表ラバーを駆使した出雲の変化プレーに苦しみ、敗戦を喫した早田だが、この試合では出雲の変化を付けたプレーにきっちりと対応。受け身になることなく、両ハンドドライブで攻め切って8強進出を決めた。

 加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)は、岡崎日和(川口総合高)にストレート勝ち。試合序盤からバック対バックの打ち合いを制して岡崎に思うようにフォアハンドを振らせなかった加藤。最後まで試合の主導権を握り続けて勝ち星を挙げた。笹尾明日香(横浜隼人高)が野村萌(愛み大瑞穂高)とのゲームオールジュースの大激戦を制して準々決勝進出。このほか、梅村優香(四天王寺高)、伊藤佑希子(札幌大谷高)、塩見真希(四天王寺高)、長﨑美柚(JOCエリートアカデミー)、木村光歩(山陽女子高)がベスト8に進出した。

 

一昨年の全中で敗れた出雲にリベンジを果たした早田
 
加藤は精度の高いバックハンドで勝利
 
梅村は竹内のカットを打ち崩して8強入り
 
長﨑はストレート勝ちで初の準々決勝進出
 
笹尾は野村とのフルゲームの死闘を制した
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事