1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 女子シングルス5回戦で昨年ベスト8の浜本が敗れる

全日本卓球2017 女子シングルス5回戦で昨年ベスト8の浜本が敗れる

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。女子シングルス5回戦では、4連覇を狙う石川佳純(全農)が苦しみながらもベスト16入りを果たした。一方、昨年ベスト8の浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)が敗れる波乱があった。

 

 石川は成本綾海(同志社大)と対戦。石川は序盤、成本のリスクを恐れない攻撃に対してリードをされる展開が続いた。フォアクロスの打ち合いでミスが出るなど、なかなかリズムをつかむことができず2ゲームを連取される展開となった。しかし、第3ゲームからは石川が成本のフォアミドルをうまく突いてラリーの主導権を握り始める。序盤はラリーをうまくつくることができずにいら立ちを見せていた石川だが、中盤以降は落ち着いた試合運びで成本をリード。中学、高校の後輩を下して6回戦進出を決めた。試合後、敗れた成本は「フォアミドルを攻められて対応できなかった。フォアハンドで攻めたかったがバックハンドでの対応になってしまった」と試合を振り返った。

 このほか、昨年ベスト4の加藤杏華(十六銀行)は田代早紀(日本生命)にストレート勝ちを収めた。加藤はピッチの速さで田代を上回った。また、鈴木李茄(専修大)は塩見真希(四天王寺高)のフォア面表ラバーの攻撃に苦しみながらも、ゲームオールの接戦を制してランク入りを果たした。敗れた塩見は「前半でリードできてそのままいけなかったことが反省点です」と語った。

 一方、昨年ベスト8の浜本は三宅菜津美(中国電力)に1対4で敗戦。ジュニアチャンピオン同士の対戦は、三宅がラリーの先手を奪い、リードを広げた。対する浜本は何とかして劣勢をばん回しようとするも、持ち味のバックハンドにミスが目立ち、敗戦。昨年に続く上位進出とはならなかった。

<女子シングルス5回戦>
石川(全農) 4-2 成本(同志社大)
森薗(日立化成) 4-3 田口(筑波大)
小道野(アスモ) 4-2 若宮(日本生命)
三宅(中国電力) 4-2 浜本(JOCエリートアカデミー/大原学園)
佐藤(ミキハウス) 4-3 牛嶋(日立化成)
森薗(サンリツ) 4-1 平野(豊田自動織機)
鈴木(専修大) 4-3 塩見(四天王寺高)
加藤(十六銀行) 4-0 田代(日本生命)
 

石川は苦しみながらも逆転勝ちベスト16に進出
 
昨年ベスト4の加藤もランク入りを果たした
 
鈴木は塩見をゲームオールの末に破った
 
浜本は三宅の攻勢をしのぐことができず敗退
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事