1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 平野、橋本が女子シングルスで4強入り

全日本卓球2017 平野、橋本が女子シングルスで4強入り

1月16〜22日まで平成28年度全日本選手権大会が開催されている。女子シングルス準々決勝第2試合では、平野(JOCエリートアカデミー/大原学園)、橋本(四天王寺高)がベスト4進出を果たした。


橋本(四天王寺高)11-5,12-10,8-11,11-7,11-8 石垣(日本生命)
 橋本は石垣と対戦。カット主戦型同士による試合は橋本が第1ゲームを先制。ツッツキの展開が続く中で、橋本は横回転を積極的に入れるなど、石垣を揺さぶった。甘くなった返球にはすかさず攻撃するなどアグレッシブなプレーでゲームを奪った。第2ゲームの終盤からは促進ルールが適用される中で、早めに攻撃を仕掛けるケースが増える。橋本は第3ゲームこそ、石垣に1ゲームを奪われるが、多彩なサービスから石垣のレシーブを崩して3球目攻撃を決めるなど、攻撃力の高さを発揮して4対1で勝利を収めた。

■石垣優香のコメント
「最後まで自分の良い展開にできなかったのが敗因です。相手が思ったよりもうまく試合運びをしていました。橋本選手はサービスから3球目だったり、ツッツキの変化でチャンスをつくるのがうまくて、私もそのような展開にしたかったのですが、そうさせてくれませんでした。促進ルールに入ってからは相手の攻撃のパターンのときに点数を取られることが多くて悔しかったです。ベスト8に進出できたことはうれしいですが、もう一回勝てるチャンスはあったし、決勝にいけるチャンスもあったのでそれをものにできなくて悔しいです」


平野(JOCエリートアカデミー/大原学園) 11-7,11-9,10-12,10-12,11-9,11-6 松澤(十六銀行)
 平野は3年連続で松澤と対戦。第1、第2ゲームは平野が積極的な攻撃でラリーの主導権を握って2ゲームを連取した。しかし、第3ゲームからは松澤がリスクを背負った打球点の速い攻撃で反撃。うまく平野のミドルを突くなど、ピッチの速い攻撃を打ち分けて2ゲームを取り返した。第5ゲームは一進一退の攻防となったが、大事な場面で平野がサービスから3球目攻撃を決めて勝利に王手をかけた。続く第6ゲームも攻撃の手を緩めることがなかった平野が松澤を破って4強進出を果たした。

■松澤茉里奈のコメント
「平野さんとは3年連続で全日本で当たっていてどの試合も接戦で負けていたので、今年は思い切って自分の卓球をやることを考えました。今日の出来はそんなに悪くなくて、すぐに戦術転換するなど冷静にプレーできましたが、平野選手が以前よりもどんどん力をつけてきていて、それに対応ができませんでした。第3ゲームからは平野選手の回転量の多いボールに対して自分から攻めることができたり、緩急をつけたことで2ゲームを取ることができました。追いつく力は付いてきましたが、競ったときにやることを迷ってしまいました。そこが勝敗に影響したと思います」

平野は松澤との接戦を制して準決勝進出
橋本は攻めの姿勢が光って石垣に勝利

28aj21-05.jpg松澤は積極的なプレーで2ゲームを奪うも惜敗
28aj21-08.jpg石垣は橋本に試合のペースを握られた

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事