1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. ジャパンオープンパラ選手権大会 〜別所が6連覇、吉田が岡を破って2年ぶりの優勝〜

ジャパンオープンパラ選手権大会 〜別所が6連覇、吉田が岡を破って2年ぶりの優勝〜

3月11〜12日に福岡大学第2記念会堂(福岡)で第37回ジャパンオープンパラ選手権大会が開催された。同大会は立位の部、車いすの部の中でG1、G2と階級を2つに分けて試合が行われ、出場者たちが頂点を争った。

 

【個人戦・車いすの部】

 車いす男子の部G1は吉田信一(東京)が2年ぶり3度目の優勝を果たした。吉田は昨年決勝で敗れた岡紀彦(岡山)にゲームオールの末に勝利。最終ゲームは終盤でリードされる展開となったが、粘り強いプレーでジュースに持ち込んだ。その後マッチポイントを握ると、「それまでとは異なるサービスを出そうと思っていた」と、大事な局面でサービスを変更したことが功を奏して勝利を収めた。昨年の覇者、岡は決勝まで着実に勝ち進んだが、優勝にはわずかに届かず、連覇達成とはならなかった。

 車いす女子の部G1は別所キミヱ(大阪)が6連覇を達成。「今大会は全試合ストレート勝ちを目標にしていた」という別所は、競った場面でもミスをしない手堅いプレーを貫き、1ゲームも落とさずに女王の座をつかんだ。「決勝リーグではジュースの場面がありましたが、気持ちを入れ直してプレーできました」と語り、最後まで高い集中力を保って完全優勝を果たした。

 車いす男子の部G2では、北川雄一朗(兵庫)が初優勝を飾った。北川は積極的な両ハンド攻撃で予選リーグを通過すると、3選手で争われた決勝リーグでもその勢いは止まらず、甘いボールを見逃さずに強打する攻撃的なプレーが際立って初のチャンピオンに輝いた。

 車いす女子の部G2は大下民子(神奈川)が優勝。大下はロングサービスからの3球目強打など、サービスからの展開でラリーを優位に進めるプレーが光り、5選手によるリーグ戦を制して初優勝を果たした。

 

吉田が岡との激闘を制して王座を奪還

隙のないプレーを見せた別所が6連覇達成

北川が積極果敢な両ハンド攻撃で頂点をつかんだ

大下は3球目攻撃が効果的に決まり初優勝を果たした

【個人戦・立位の部】

 立位男子の部G1は岩渕幸洋(東京)が2連覇を達成した。「今大会ではバック側のボールに対して裏ラバーでドライブをかけたり、新しいプレーを取り入れることができました」と話したように、大会を通してバックハンドドライブから好機をつくり出すプレーがはまった。決勝は垣田斉明(熊本)に1ゲームを奪われたものの、第4ゲームをきっちりと締めて栄冠を手にした。

 立位女子の部G1は竹内望(千葉)が連覇を飾った。決勝の青木佑季(北海道)との一戦は1対2とリードを許したが、第4ゲームを奪ってフルゲームに持ち込むと、最終ゲームはサービスからの展開で得点を重ねるなど、リードを広げて優勝を決めた。「連覇を達成したい」と大会前に口にしていた竹内。女王としての重圧がかかる中で見事、有言実行を果たす結果となった。

 立位男子の部G2は宮脇進(大分)が劇的な逆転勝利で王座を手にした。宮脇は川崎祥平(千葉)との決勝で0対2とリードをされ、第3ゲームも劣勢に立たされたが、この場面を逆転で切り抜けると、第4ゲームからは、キレのあるツッツキやスペースを突いた的確な攻撃でゲームの主導権を握り、接戦を制した。

 立位女子の部G2は小山百合子(大阪)がうれしい初優勝。フォアハンドの強打が際立った小山は、予選を勝ち抜いて迎えた決勝リーグでもフォアハンドの連打で相手を押し込むなど、最後まで高い攻撃力を見せて頂点を射止めた。

 

バックハンドの技術に進境を見せた岩渕が連覇達成

竹内は苦しみながらも、逆転で王座をつかんだ

劇的な逆転勝利で栄冠を手中に収めた宮脇

フォアハンド強打が光った小山がうれしい初優勝

【団体戦】

 団体戦車いす混成の部では、ディスタンス(柳亮助・長島秀明・吉田信一)が昨年に続いて頂点に立った。決勝は昨年と同じY.O(岡山)との対戦となったが2対1と接戦を制した。団体戦立位男子の部は福岡県市障害者卓球協会A(宮本煌・米倉直敏・立石アルファ裕一・垣田斉明)、団体戦立位女子の部は福岡県市障害者卓球協会A(櫨山多津江・小田美賀子・工藤恭子)がともに混戦を制してアベック優勝。地元開催で見事に栄冠を手にした。


団体戦車いす混成の部優勝のディスタンス

団体戦立位男子の部優勝の福岡県市障害者卓球協会A

団体戦立位女子の部優勝の福岡県市障害者卓球協会A


【各種目・上位の結果】

 

個人戦・車いす男子の部G1

優勝 吉田信一(東京)

2位 岡紀彦(岡山)

3位 宇津木孝章(長野)

3位 土井健太郎(静岡)

 

個人戦・車いす男子の部G2

優勝 北川雄一朗(兵庫)

2位 細谷直生(茨城)

3位 柴田十祉治(大分)

 

個人戦・車いす女子の部G1

優勝 別所キミヱ(大阪)

2位 茶田ゆきみ(静岡)

3位 吉海美代子(東京)

 

個人戦・車いす女子の部G2

優勝 大下民子(神奈川)

2位 齋藤なほみ(東京)

3位 髻谷真穂(広島)

 

個人戦・立位男子の部G1

優勝 岩渕幸洋(東京)

2位 垣田斉明(熊本)

3位 八木克勝(愛知)

3位 永下尚也(福井)

 

個人戦・立位男子の部G2

優勝 宮脇進(大分)

2位 川崎祥平(千葉)

3位 今泉大地(神奈川)

3位 高橋克季(岐阜)

 

個人戦・立位女子の部G1

優勝 竹内望(千葉)

2位 青木佑季(北海道)

3位 工藤恭子(熊本)

3位 友野有理(兵庫)

 

個人戦・立位女子の部G2

優勝 小山百合子(大阪)

2位 江幡裕子(京都)

3位 奥田愛子(福岡)

 

団体戦・車いす混成の部

優勝 ディスタンス(柳・長島・吉田)

2位 Y.O(浦山・岡・野稲)

3位 NTC.s(皆見・宇津木・柏木・小澤)

3位 TSC(大塚・佐藤・藤井・吉海)

 

団体戦・立位男子の部

優勝 福岡県市障害者卓球協会A(宮本・米倉・立石・垣田)

2位 チーム福井(永下・齊藤・森田・岩田)

3位 愛知ファイヤーズ(渡邉・八木・杉浦)

3位 Force-Leaves(宮脇・宿野部・鈴木)

 

■団体戦・立位女子の部

優勝 福岡県市障害者卓球連盟A(櫨山・小田・工藤)

2位 東横千(伊藤・曽我・石河)

3位 北卓会(時耕・青木・藤岡)

3位 O.H(中川・齋藤・芝内・友野)


今大会の模様は卓球レポート5月号(4月20日発売)に掲載します。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事