1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ2日目⑤ 平野/石川、早田/伊藤が2回戦進出

世界卓球2017デュッセルドルフ2日目⑤ 平野/石川、早田/伊藤が2回戦進出

女子ダブルス決勝トーナメント1回戦では、平野/石川、早田/伊藤が2回戦進出を決めた。また、丁寧/劉詩雯、朱雨玲/陳夢らの中国勢も順当に2回戦へと駒を進めた。
 

平野(右)/石川は苦しみながらも勝利を収めた

初出場の早田(左)/伊藤はストレート勝ちで2回戦へ

優勝候補の丁寧(左)/劉詩雯も順当に勝ち上がった

パラナン(右)/サウェッタブートは日本ペアに迫った


<女子ダブルス1回戦>
平野/石川 -9,7,8,-3,8.6 パラナン/サウェッタブート(タイ)

早田/伊藤 7,10,6,8 アシュワンデン/クマハラ(スイス/ブラジル)


平野/石川はパラナン/サウェッタブート(タイ)と対戦。出足からリードを広げたいところだったが、今大会の初戦となる平野の動きに固さが見られて9-11で落とした。続く第2ゲームは、厳しいレシーブでタイペアの強打を防ぎ、ゲームをリード。相手の甘い返球に対しては石川、平野ともに強打で得点を重ね、11-7でゲームを取り返した。互いに1ゲームずつ取り合って迎えた第5ゲームは石川が要所で得点を挙げて11-8でゲームを奪取した。第6ゲームは相手を左右に揺さぶるコース取りが光り、11-6で勝利を収めた。初戦から苦しい戦いとなった2人だが、勝つことで明日へとつないだ。後半は徐々に自分たちのペースで試合を運べていただけに明日の戦いに注目したい。
 

初出場となる早田/伊藤は;アシュワンデン/クマハラ(スイス/ブラジル)にストレート勝ち。第2ゲームはジュースの接戦となったが、そこを乗り切ると、続く第3、第4ゲームも連取して勝利を収めた。2回戦では金璟娥/徐孝元(韓国)のカットペアと対戦する。

このほか、優勝候補の丁寧/劉詩雯(中国)、朱雨玲/陳夢(中国)らもストレート勝ちで順当に2回戦へと駒を進めた。

今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事