1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ2日目⑦ 混合ダブルスで日本の2ペアがベスト16入り

世界卓球2017デュッセルドルフ2日目⑦ 混合ダブルスで日本の2ペアがベスト16入り

大会2日目の最終種目となった混合ダブルス2回戦では吉村/石川、田添/前田の日本ペアが1回戦に続いて勝利を収め、ともにベスト16入りを決めた。
 

相手に傾きかけた流れを止めて3回戦進出の吉村(右)/石川

田添(右)/前田は初出場ながらベスト16入りを決めた


<混合ダブルス2回戦>

吉村/石川 4,7,4,-11,-8,9 カンテロ/シャオ・マリア(スペイン)

田添/前田 7,-9,-10,10,3,-11,5 コネチニー/マテロバ(チェコ)


吉村/石川はカンテロ/シャオ・マリア(スペイン)に4対2で勝利。日本ペアはラリーの展開から得点を重ねて3ゲームを一気に連取した。このまま勝負ありかと思われたが、ここからカンテロ/シャオ・マリアの反撃を受ける。ラリー戦からカンテロに強烈なドライブを決められるなど、2ゲームを奪われた。第6ゲームも相手ペアの勢いに押される展開が続いたが、最後は日本ペアが地力の差で上回り、11-9で勝利を収めた。3回戦ではパク・シンヒョク/リ・ヒョンシム(朝鮮民主主義人民共和国)と対戦する。
 

田添/前田はコネチニー/マテロバ(チェコ)と対戦。各ゲームともに接戦となるが、序盤は勝負どころで得点を重ねることができず1対2とリードを許した。続く第4ゲームも10-8から追いつかれる嫌な展開になったが、ジュースの接戦を制してゲームをタイに戻した。第5ゲームもジュースまでもつれたが、このゲームを制して勝利に王手をかけると、最終ゲームは11-5でチェコペアを破った。3回戦では張禹珍/李ジオン(韓国)と対戦する。


今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事