1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ2日目③ 男子シングルスの組み合わせが確定

世界卓球2017デュッセルドルフ2日目③ 男子シングルスの組み合わせが確定

世界卓球2017デュッセルドルフは各種目の予選が終了し、男子シングルス決勝トーナメント1回戦の組み合わせが確定した。


 男子シングルスはトーナメントの左側に日本選手が4人かたまる組み合わせとなった(下記写真参照)。その中でも左下の許昕(中国)のブロックには水谷、松平、張本の3選手が入り、水谷と張本は勝ち進めば2回戦という早いラウンドで戦うことになった。水谷は1回戦でラム・シウハン(香港)、張本はニュイティンク(ベルギー)と対戦する。2人による対戦はこれまでにはなく、実現することになれば大きな注目を集めることになるだろう。
 水谷、張本と同じく許昕のブロックに入った松平は1回戦でD.ハーベゾーン(オーストリア)と対戦。1回戦に勝つと2回戦では林高遠(中国)との対戦が濃厚だ。このほか、丹羽は1回戦でレベンコ(オーストリア)と対戦。勝ち上がると4回戦(ベスト8決定戦)で地元・ドイツのオフチャロフとの対戦が予想される。また、世界卓球2回目の出場となる村松は馬龍のブロックに入り、1回戦でストヤノフ(ロシア)と対戦する。
 このほか、前回王者の馬龍のブロックにはボル(ドイツ)が入った。ボルにとっては地元開催での上位進出に向けて、厳しい組み合わせとなったが、どのような成績を残すことができるのか注目だ。また、2度世界チャンピオンに輝いている張継科(中国)は、李尚洙(韓国)、黄鎮廷(香港)らがいるブロックに入った。第2シードの樊振東(中国)はオフチャロフ、丹羽と同じブロックに入った。
 

男子シングルスシード選手(2回戦以降)の組み合わせ

今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事