1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ7日目② 許昕がベスト8進出。準々決勝で張本と対戦

世界卓球2017デュッセルドルフ7日目② 許昕がベスト8進出。準々決勝で張本と対戦

男子シングルス4回戦では許昕(中国)が林高遠(中国)との同士打ちをゲームオールジュースの末に制して準々決勝進出を決めた。
 

許昕が劇的な逆転勝ちで8強進出

林高遠は前陣で果敢な攻めを見せたが逆転負け

勝利を意識したか、悔しさの残る敗戦となった


<男子シングルス4回戦>

許昕(中国) -10,-9,6,9,-7,6,10 林高遠(中国)


 準々決勝進出をかけた男子シングルス4回戦では許昕と林高遠が対戦。第1ゲームは序盤に林高遠のミスが続き、7-2と許昕がリード。しかし、ここから許昕のフォアサイドを積極的に攻めた林高遠が迫る。ジュースにまでもつれたが最後は許昕のフォアクロスのドライブをカウンターで決めて林高遠が先制。
 第2ゲームは互いにつかず離れずの展開が続く。林高遠は許昕のバックサイドを攻める展開で得点。それに対して許昕はバックサイドを回り込んでフォアハンドドライブするなど、接戦が続く。しかし、許昕7-6リードで迎えたところから、許昕のドライブミスなどが重なり、林高遠が4連続得点。許昕は林高遠のボールに対してタイミングが合っていない場面が見られた。最後は許昕がチキータをミスして林高遠が11-9でゲームを奪った。
 2ゲームを連取された許昕だが第3ゲームは序盤からリードを広げる。林高遠のバックサイドへのボールに対してタイミングよく回り込んでフォアハンドドライブを決めるなど、林高遠のボールにタイミングが合い始めた許昕。フォアクロスの打ち合いを制すなど、フォアハンドドライブで積極的に攻めて11-6でゲームを取り返した。
 第4ゲームはここまで正確なプレーを見せてきた林高遠にミスが出始める。許昕のバック深くへの厳しいレシーブに対してバックハンドをミスする場面が見られるなど、許昕が9-5とリード。ここから林高遠が粘りを見せて10-9と迫ったが、最後は林高遠のサービスが浮いたところを許昕が見逃さずに強打して得点。2ゲームを取り返してゲームカウントを2対2とした。
 第5ゲームはスタートから林高遠が3連続得点。サービスから許昕のレシーブが浮いたところを強打するなどリードを広げた。許昕はサービスからの展開で得点をしてくらいつくが、前陣に張り付いて、正確な両ハンドドライブを打つ林高遠に主導権を握られてこのゲームを落とした。
 勝利に王手をかけた林高遠だが、勝ちへの意識からか第6ゲームはレシーブに厳しさが見られない。許昕のバックサイドへのチキータレシーブを狙い打たれるなど、連続失点を喫した。一方の許昕は後がない状況の中、サービスからの展開で得点を重ねるなど、林高遠をリード。最後も豪快な回り込みフォアハンドドライブで決めて最終ゲームへと持ち込んだ。
 迎えた最終ゲームは、林高遠が許昕のフォアサイドを積極的に突いて5-10とマッチポイントを握る。これで勝負あったかに見えたが、ここから許昕がじわじわと迫る。エッジインなどラッキーなボールも重なって得点を続けると、9-10からは林高遠がフォアサイドへ振ったボールにフォアハンドドライブで得点。土俵際からついに追いついた。完全に流れに乗った許昕はジュースに入ってからも攻めの姿勢で得点を挙げて12-10で勝利。敗戦の間際まで追い込まれながらも劇的な逆転勝利で8強入りを決めた。一方の林高遠はマッチポイントを握りながらもまさかの逆転負け。最後は勝ちを意識したか動きに固さが見られ、大魚を逸した。


今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事