1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ最終日⑥ 馬龍が樊振東との激闘を制して連覇達成!

世界卓球2017デュッセルドルフ最終日⑥ 馬龍が樊振東との激闘を制して連覇達成!

中国選手同士の対戦となった男子シングルス決勝は馬龍が後輩の樊振東との壮絶なラリー戦を制して優勝を飾った。馬龍は前回大会に続き、男子シングルスの栄冠に輝いた。

馬龍が連覇を達成!

樊振東との死闘を制した

樊振東はチキータの展開から迫るも惜敗


<男子シングルス決勝>

馬龍(中国) -7,6,3,8,-5,-7,10 樊振東(中国)


 馬龍と樊振東の過去の対戦成績は13勝2敗と馬龍が大きくリード。2月のカタールオープンの決勝でも馬龍が勝利を収めている。その戦績に反して第1ゲームは樊振東がゲームの主導権を握る。樊振東は出足から積極的に馬龍のフォアサイドを狙うバックハンドで4連続得点。馬龍はバック側へのロングサービスを軸にしたプレーで樊振東が得意とするチキータレシーブを防ごうとするが、樊振東は馬龍のサービスを読み、回り込んでフォアハンドドライブを決めるなど、サービス・レシーブで優位に立った。樊振東は10-7とゲームポイントを握ると最後はストップの展開から先に馬龍のフォアサイドを攻めるプレーで得点。終始、攻めの姿勢を見せた樊振東が11-7で第1ゲームを先制した。
 続く第2ゲームは一転して馬龍が試合の主導権を握る。馬龍は樊振東の緩いチキータレシーブに対して回り込んでフォアハンドドライブで得点。第1ゲームは樊振東のバックハンドにタイミングが合っていないように見えた馬龍だが、バック対バックで打ち勝つ場面が増える。台上のせめぎ合いでも樊振東のループドライブをカウンターで打ち抜くなど、序盤のリードを保ち続けて11-6でゲームを取り返した。
第3ゲームも馬龍が樊振東をリードする展開が続く。馬龍は樊振東に攻撃をさせてからの展開で優位に立つ。樊振東が攻め込んで空いたスペースに的確に返球するなど、巧みな試合運びでゲームを優位に進め、5-3から6連続得点でゲームを奪取した。
 続く第4ゲームは馬龍が樊振東のチキータを狙い打つなど、第3ゲームに続いてゲームを有利に進める。6-2とリードしたところから一時は追いつかれたが、第1ゲームに続いて積極的にフォアサイドを狙ってくる樊振東に対して、フォアハンドドライブで厳しいボールを打ち込み、11-8でゲームを奪った。一方の樊振東は前陣でカウンターを決めるなど、厳しいプレーで2-6とリードを許したところから追いつく。しかし、ここから馬龍が樊振東にリードを許さず、11-6でゲームを奪取。樊振東は馬龍のフォアを突いて体勢を崩す場面もあったが、強烈なドライブをブロックしきれず、3ゲームを立て続けに失った。
 馬龍がこのまま勝利に突き進むかと思われたが、ゲームから樊振東が反撃。バック対バックからフォアに回り込んで馬龍のバックサイドを厳しく突いて得点するなど、しっかりと動いてフォアハンドを打ち切って得点を重ねた。中盤にはバック対バックの高速ラリーからフォアクロスの展開に持ち込み、馬龍のフォアハンドドライブをカウンターで決めるなど、世界最高峰のラリー戦を制して得点を挙げた。リードをして迎えた終盤はチキータを左右に打ち分けて主導権を握り、11-5でゲームを取り返した。
続く第6ゲームは、樊振東がチキータでラリーの主導権を握る。ラリーに持ち込むと、バック対バックで打ち勝つ場面が多く見られ、9-3とリードを広げた。ここから馬龍がフォアハンド主体の攻撃で迫るが、9-6の場面まで迫られた樊振東はタイムアウト。その後のラリーで2本連取し、11-6でゲームを奪った。
今の卓球界をけん引する2人による一戦の行方は最終ゲームへと突入。スタートは、樊振東が馬龍のバックハンドに対して回り込んでフォアハンドドライブ連続得点。一方の馬龍は3-3から2本続けてロングサービスからの展開で得点。樊振東のチキータを警戒して選択したロングサービスから連続得点を挙げてリードした。馬龍はこのあと、樊振東に7-9とリードを許すが、樊振東のフォアサイドへの攻めに対して強靭なフットワークを生かしてフォアハンドドライブを決めるなど、9-9と追いつく。続くラリーでロングサービスから樊振東のバックサイドを攻めて10-9とチャンピオンシップポイントを握る。樊振東に一度は同点に追いつかれてジュースに持ち込まれたが、最後は樊振東のバックサイドへのチキータに対して回り込み、フォアハンドドライブをストレートに打ち抜いて勝利。優勝を決めた馬龍はラケットを高く放り上げ、歓喜の雄たけびをあげた。後輩の樊振東の攻勢に苦しみながらも頂点に輝いた馬龍。前回大会に続く連覇という記録を劇的な勝利で達成した。
 


今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事