1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ライオンジャパンオープン2日目④ 【21歳以下男子】龍崎が逆転で決勝に進出

ライオンジャパンオープン2日目④ 【21歳以下男子】龍崎が逆転で決勝に進出

21歳以下男子シングルス準決勝では龍崎(明治大)が劣勢をはねのけて逆転勝利。決勝進出を決めた。
 
龍崎が劇的な逆転勝利で決勝へ

高見は劣勢から巻き返すも、決勝進出ならず

林鐘勳は力のあるドライブで高見に勝利

 龍崎はD.チウ(ドイツ)と対戦。序盤は中国式ペンのD.チウに対して打球のタイミングが合わない場面が見られて2ゲームを先制される苦しい展開となった。しかし、前陣で相手のボールに対応し始めた第3ゲームからは龍崎が試合の主導権を握る。D.チウの強力なドライブに対しても台についてカウンターを決めるなど、徐々にペースをつかんだ龍崎。2ゲームを取り返して迎えた最終ゲームでは、サービスからの展開で相手のレシーブを崩すなど、ゲームを支配して逆転勝ち。決勝進出を決めた。

 昨日、酒井(明治大)との同士打ちを制した高見(愛工大名電高)はサウスポーの林鐘勲(韓国)と対戦。ゲームをリードしたい高見だが、林鐘勲の強烈なドライブを防ぐことができず2ゲームを連取される。後がなくなり、苦しい展開となった高見だが、第3ゲームから林鐘勲の攻撃に対応し始める。チキータレシーブからの展開で得点を重ねるなど、2ゲームを取り返し、勝負の行方は最終ゲームに持ち越された。2ゲームを取り返して勢いに乗る高見だが、最終ゲームは林鐘勲にリードを許す展開が続いた。バック対バックの展開から先に回り込むなど、果敢な攻撃も見せたが、わずかに及ばず9-11で敗れて決勝進出とはならなかった。

 この結果、決勝は龍崎対林鐘勲のカードに決定。決勝は19時から行われる。


<21歳以下男子シングルス準決勝>
龍崎東寅(明治大) -4,-2,7,5,6 D.チウ(ドイツ)
林鐘勲(韓国) 6,6,-5,-3,9 高見真己(愛工大名電高)

今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯2017:http://japantabletennis.com/japanopen2017/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事